触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

約50㎡のコンクリート作業

<庭づくりシリーズ その8>              2010.5.24 

 ようやく、約50㎡のコンクリート作業終える。

97hwi
 
このシリーズは、昨年7月以来です。この間にも冬の時期を除いて我が家の庭園?のオーナーである妻からの依頼はずーっと続いていましたから私の「庭づくり」の作業は続いていました。今回は、そんなコマコマとした作業ではなく、約50㎡のコンクリートを敷き詰めるという膨大なものでした。その約50㎡というのは、シリーズ その1の昨年5月28日に記事で次のようなことを書いている中にでてきます。

― 昨年(2008年)からは、庭の一角を白砂利を敷いたり、敷石等でアプローチを作ったり、その真ん中には円形のペイビングも配置し、少し、本格的な庭づくりに着手しました。この庭づくりのアイディア、発想はその殆んどが妻の方です。そして、その具体的な設計、施工は全て私の方です。どうした訳かそうした役割分担がすっかり定着してしまっています。まあ、「この庭園のオーナーが妻である。」ということは、私も、同居の妻の両親も誰しもが認知しているところですから、そのオーナーの望みどおりのものにしようとしているだけの事です。 ―

 その庭の一角なのです。それが約50㎡もあるのですが、そこに白砂利を敷いたところからは、この2年間に、草はあちこちから生えてくるし、白砂利の中に周りの石がたくさん混ざったり(それだけでなく霜で、下のほうから石が浮き出てきたり)と荒れ放題になってしまいました。妻はそれを何とかせよと注文。それもできるだけ安く!と。草が生えない土などというものも売っているのですが、少しだけならそれでいいのでしょうが、なにしろ約50㎡です。モルタル(セメント)が一番安くできると判断しました。ただし作業するのは素人の私です。モルタルを敷いても綺麗にできるわけがありません。そこで、白砂利の活用です。モルタルがまだ半乾きのうちにその白砂利を半分ほど撒きました。これで粗が隠せます。作業は、まず、荒果てたその庭の一角を綺麗にすることから始めました。ほとんどの白砂利を回収しました。同時に邪魔な石の取り除きです。少しずつでしたが、5月初めの連休から田植えを挟んで、これが5月半ばまだかかりました。それから約一週間でモルタル(セメント)敷きと白砂利散布をほとんど連日行いました。使用したセメント(25kg)は25袋、川砂(20kg)は75袋にもなりました。この重労働のおかげですっかり腰痛になってしまいました。

 この約50㎡のコンクリートといっても、ちゃんとデザインがされています。飛び石ならぬ飛び丸太の輪切りです。それがいくつもの扇形になっています。丸太の輪切りは、すでに前に作り置きしておきました。それにアクセントも少し作りました。これらに基本デザインは、そう、オーナーである妻がしました。まあ、お金は出すけれど(それも安くと注文され)口もどんどん出すというものです。(でも、決して手は出しませんネ)

 5月23日から24日にかけて雨が降り、もうすっかり出来上がったこの庭の一角を最後に綺麗に掃除してくれています。

これは、後日写真でお目にかけることができると思います。これから、昨年もそうでしたが、6月~7月にかけて、我が家の庭を見に来客が訪れるシーズンになります。

スポンサーサイト

PageTop

<庭づくりシリーズ その7>

<庭づくりシリーズ その7>

リフォームに合わせ、妻からどんどん注文が…                    2009.7.14

 前回のこのシリーズの記事「第3の小径を作っています。」は5月下旬でした。その後、6月中はだいたい我が家のリフォームの期間でしたが、庭づくりは、その間も行いました。大工さん達の作業の横でや、休みの日に、私も土木作業や、木工製作をしていました。

300本の木杭作り

 6月14・15日には、天日干しに使用していた長さ3メートル程ある丸棒(ハザ木)を約50cmに切断して木杭を約300本製作しました。我が家の丸棒はとっくの昔に木杭に変身して使い切っています。それでも、最近、牛小屋の解体時に少し見つかったのでそれも、早速加工して庭に使いました。今回、大量に製作したのは、栗駒の親戚から譲り受けたものです。その家は、2トントラックを持っていて、使わなくなった大量の丸棒(70本位)をわざわざ届けてくれました。そのうち8本は、登米市に住む義妹(次女)の注文で2メートル程に揃えて切断しました。(畑に使うそうです。)

花壇ブロックも

asd
右側が花壇ブロック、左側が30メートルの木杭

 家のリフォームが終わった7月に入っては、妻からの注文がどんどん入ってきました。先ず、7月5日、入り口の塀の前の細長い花壇づくりをしました。そこに妻が、前からずっと置いていた多数の小さめの石を退けて、仙台の義妹(三女)の家から使わなくなったということで貰ってきた花壇ブロックを配置しました。このブロックはこれまで貰ってきたは良いけれど、どこに使おうかと悩んでいたものですが、資材置き場のオガクズの横に放置して、私はすっかり忘れていました。妻の方は、その頭の中で、あれこれと、何時も、庭の配置・デザインのアイディアを考えているようです。「ここを、こうする。」「あそこは、こうする。」等と、まあ、次から次へと出てくるものです。しかし、それを実際に具体化して作業するのは、いつも私です。一つのブロックの重さが20キログラム程あるのでしょうか?それが35個ありました。一輪車で運んでいたら面倒なので、キノコ栽培で使っていたリフト車を用い一回で済ませます。それでも、地面に幅15センチで15メートル程の長さの溝を掘って行き、そこにブロックを配置していきました。35個使い切っても少し足りませんでした。区切りの良いところまでは、あとどうしても5個必要です。しかし、その花壇用ブロックは、どうももう生産していない古いタイプのもので幾つかのホームセンターを見て廻っても、同じものは見つかりませんでした。そこで、仙台の義妹にこちらに来る時、庭の片隅に埋まっているブロックを5個持ってきてくれるよう頼みました。

大量の石の配置

ggg

 このあと、7月6日には、リフォームを担当する建築会社のK君(妻の教え子)に頼んでおいた大量の石(大小様々に200個以上)が、いつの間にか届いていたので、第3の小径に運搬をしました。約30メートルの第3の小径には既に半分ほどは石が配置してありましたから、先ず、その中の小さすぎる石を交換しました。更に残りを小径の最後まで石を小径の両端に配置していきました。庭の中ですから、ここへの運搬にはリフト車は使えません。一輪車でコツコツと運ぶしかないのです。石で両端を全部埋めてもまだ半分ほど残ってしまいました。当初は、この小径の中は、自家製のジャリで埋め尽くす予定でしたが、今のところ、依頼主の妻は「土のままでいい。」と言っています。では、ジャリは?というと別のところで必要ということになったのです。石が余ったら余ったで、妻は直ぐその活用を考え付いてしまいます。第4の小径です。約10メートルと短いのですが、ここは、両端の石の間をジャリで覆い尽くすことになりました。それでもまだ余った石は、今度は、庭の中の地面に変形した円やら、台形のような形やらの線が引いてあり、「そこに運んで」という依頼でした。それで、石で囲ったサークルを3つ作り、残りを全部使い切りました。数日後、そこを覘いたらサークルの中に土が盛ってあり、その後また見ると、草花が植えてありました。そして、また数日後、石を全部使い切った筈なのに、同じ場所に30個ほどの大きな石が運ばれていました。(また、仕事が増えます。)

木杭の打ち付け作業

 7月の10・11日には、300本の木杭の打ちつけをしました。場所は、入り口の塀の反対側の牛小屋のあった所です。牛小屋は、今回のリフォームに併せて解体しました。大部分は畑になったのですが、一部道路沿いは、妻が義父から分捕って花壇にすることにしました。それでも、幅が2メートルで、長さは、30メートル程あります。その3方を木杭で覆うという作業です。そこは、それまで5メートル程の大きな丸木が5本、埋め込まれ土留めをしていたこところです。先ず、その大きな丸木(かなり腐っている)を掘り出し、電気チェインソーで切断して処分することから始めました。そらから、更に地面を掘って、溝を作り、木杭を木槌で打ち付けていきました。それが300本ですから…一大仕事でした。

まだ、まだ注文は続きます。

 その7月11日には、妻の(庭の見学が目的の)最初の来客2人(+子ども2人)がありました。また、今度の日曜(19日)にも2組入っています。20日のお休みの日も1組入っています。こうして、友人、知人に見せながら、妻は、また、「ここをこうしたい。」「あそこは、こうしたい。」と思うに決まっています。ですから、私は、まだ、まだ、注文は続くと覚悟しています。

 (8月初めには、娘がやってきます。その時一挙に写真を掲載したいと考えています。いつも、文章ばかりでスミマセン。)

PageTop

<庭づくりシリーズ その6>

<庭づくりシリーズ その6>
 第3の小径を作っています。                         
2009.5.28PM

sio

 昨年の8月8日の記事―、<庭づくりシリーズ その5>で「ジャリ道が完成!」というのを載せました。これは、約10mほどの短いものでした。その前に既に、庭の中、その中央を曲線を描いて横断する約50mほどもある長い小径ができています。今年も、リフォームに合わせて、家の前面の小さい花壇の手直しや、新しい花壇を作ったりする作業の注文が依頼主(妻)から入ってきていました。それで、私は、5月17日の記事(5月に入って、家の片付けに大忙し)のように、このところ、「庭づくり」=庭土木に忙しくしています。どうも、田植えが終わるこの時期から、どんどん妻からの注文が入ってくるようです。

昨日の午前中は、約30mほどにもなる、第3の小径づくりに取り掛かり始めました。今回は、30mの小径の土の掘り起こしと整地でした。第1の小径の途中から更に庭の奥の方に進み、ぐるっと奥の方を周ってまた第1の小径に繋がるというものです。妻は自分の思いどおりに小径のコースを決め、線引きをします。

この間ずっと、敷地内のあちこちから少し大きめの石を掘り起こし、この小径まで運ぶ作業をずっとさせられてきました。もう、すっかり敷地内には大きめの石はなくなってしまいました。ですから、小径の途中までしか石は置かれていません。妻があんまり「石、石…」というもので、車で移動していても、あちこちにある石が気になってしまいます。とは言っても、むやみに、それらの石を持って来るわけにもいきません。だいいち必要とする石の数は半端ではありません。そこで、石までもリフォームを担当する建築会社のK君(妻の教え子)に頼みました。

昨日の作業は、もう早くから線引きがされている小径のコース(その途中までは、目印に石が置いてある)約30mを、幅約50cm、深さ約20cmに掘り起こすものでした。最後に平らに整地して、昨日は終りにしました。この後は、大量の石が届いたら、それを小径の両端に埋め込んでいきます。そして、その後が大変なのです。自家製のジャリを大量に作らなくてはなりません。これが何日もかかる重労働なのです。目標は、リフォームが完成する6月下旬か?リフォームが終わると、妻はきっと人を招きたくなるに決まっています。まだまだ、時間は有りますから、まあ、バテないようにコツコツとやってきます。

PageTop

<庭づくりを手伝って その5>

<庭づくりシリーズ その5>

  ジャリ道が完成!                2008.8.8PM



 昨夜、香川から娘とその夫、孫二人がやってきました。次男とは、初対面でした。これから当分の間、再びジジ親家業が忙しくなりそうです。

 今日は、四人で新しくできた若柳の米粉でパンをつくるパン屋さんと石越のチャチャワールドへ私の車で出かけました。彼らの留守の間に、午前中かけて、庭の円形(八角形)パティオ、ガーデンテーブル、に向かう小径に砂利敷いて、ジャリ道をつくりました。庭のオーナーである妻より、来週の皆が集まるお盆までに、何とか庭の格好がつくようにジャリ道をという御要望に応えてのものです。(まあ、注文が次から次へと、よく出てきます。)

fdr
( 出来上がったジャリ道 )

 そのためのジャリ作りですが、川砂利はホームセンターに行けば、1袋、20~25kgを300円ほどで売っています。しかし、わが家ではこれではありません。全て自家製です。

 では、どのようにして作るのか?まず、原材料は、キノコ工場を解体した時に出た大量のコンクリートを大型機械で粉砕したものです。この中に砂利が大量に入っていたのです。工場解体で出た鉄骨類等は業者引取り、その他の不要なものは産業廃棄物として処分場に持っていかれました。しかし、大量の砂利を含むコンクリート片は、業者に処分を頼むと費用がかさむ為、先ず、自宅の周りの私道に舗装用に敷いてローラーをかけてもらいました。それでも残ったものは、オガクズ置き場に使っていた場所に山にして積んでもらいました。
 
llk
( 手前がオガクズの山。土や自家製の生ゴミ・処分野菜等から作った肥料と混ぜて、
畑、園芸用に使います。奥が、コンクリート粉砕のジャリ山です。)

 この大量にある原材料を、コツコツと崩して直径3cmほどの網目の網籠で篩(ふるい)にかけるのです。それもちょっと半端な量でないため、リフト(オガクズ運搬に使っていた機械)の大きなバケットの中にどんどん入れていくのです。ですから一回にジャリ作りをする量は、1袋、20~25kgに換算して10袋位になります。もう、これまでにも何回も行って庭には長い小径が出来ています。今回もパティオ等に向かう新たな小径―ジャリ道が完成しました。今日の築館は33℃まで上がりました。午後の現在、一休みして久しぶりに掃除したクーラーを利かせてこの記事を書いています。

ll3
( これが、完成したわが家の庭です。この Welcome ボードのある入り口から、どうぞ、
お入り下さい。)

PageTop

<庭づくりを手伝って その4>

<庭づくりシリーズ その4>

庭に円形(八角形)パティオがついに完成!     
                                    2008.8.4AM

ll7
( 完成した円形(八角形)パティオと、その上のガーデンテーブル、チェアー、パラソル)


 第4回目。日曜日のAMに記事を書くことができませんでした。この2日間、パティオ製作に忙しかったためです。
 2日の土曜日は、午前中だけですが前日作っておいたジャリ(ジャリ作りについては、また後日述べます。)を敷いた上に川砂を撒く作業から始めました。当初の予定では20kg×7袋のはずでしたが、9袋必要でした。その後、2種類のタイル48枚を置いてみました。だいたいタイルとタイルの間の間隔を2.5cmにすればよいことが判りました。タイルを除けておいて、下地モルタルを敷く作業に取り掛かりました。モルタルは、セメント1:砂3の比率で、1袋と3袋の予定が1.3袋と5袋になってしまいました。この時点で初めに買ってきた川砂は全て使い切ってしまいました。セメントも0.7袋しか残っていません。(全く足りない。)最後に、敷いた下地モルタルを平らに均し、この日の午前中の作業はここまで。午後は、図書館での読み聞かせのボランティアに行きました。(その前日もしているので2日連続です。これらについては、<子どもの本>シリーズでも作って、先日、7月27日に受けた紙芝居の講習会の感想等と併せて、後日と言わず、できれば今日のPMにアップしたいと思います。)その帰りに、川砂2袋を追加買出ししてきました。その日の夜、48枚中の12枚のタイルの切断する場所の印付けをしておきました。

 次の日、3日の日曜日は、朝から多忙しでした。先ず、タイルの切断からです。作業台に固定してタイル1枚ずつをダイヤモンドカッターをグラインダーに取り付けたもので切断していきました。かなりの火花と粉塵が舞いますから長袖、長ズボン、帽子とメガネという完全防備の格好でしました。昨日は朝から気温がだいぶ上がり、これですっかり汗だくになりました(第1回目のシャワーと着替え)。次にもう一度しっかりタイルを全部おいてみました。そして、また剥がし、今度は、接着用のモルタルを作り、(残っているセメント0.7袋と買ってきた川砂2袋で)敷いていきました。そして、その上にタイル置いていったのですが、どうもモルタルが全く足りません。接着モルタルの上にタイルを貼っていっても充分にくっつきません。隙間が空いているもののあり、上に乗るとタイルが割れてしまいました。これでは、全くダメでやり直しです。少ないモルタルを素手でかき集めながらのタイル張りで指先が何本も傷だらけになりました。気温も30度ほどになったのかもう、全身汗だくでした。12時もとっくに回っていました。(2回目のシャワーと着替え)お昼前に会合で外泊していた妻(この仕事の依頼主)が帰ってきており、もうすっかり体力も消耗しており、食欲もなかったので冷やし稲庭うどんにしてもらいました。
 午後、暫く休んだ後、先ず、足りない資材の買出しに行きました。セメント1袋に今度は川砂は3ではなく2袋です。目地用にするためセメントの割合を増やした方が接着しやすくなります。それにレンガも全て、前もって水に浸けて置くことにしました。モルタルの空練りも丁寧にしました。水の加える量も少し多めにしました。今度は、モルタルもたっぷりと使い、かなり丁寧にタイルを配置して目地の部分もすっかり埋まるようにできました。この頃には、もう夕方になっていました。ここで一旦上がりました。(3回目のシャワー、頭髪洗い、と着替え。体重を量ったらいつもより2kgも減っていました。)
 夕食は、久しぶりにカレー。食欲のない時は助かります。自分用に色々なスパイスを最後に付けたし、そこそこ食べ、8時から見るNHK「篤姫」の前に、ひとっ走り前日借りたDVD「母べえ」の返却に行きました。(妻は、日曜に帰ってきたら手伝うと約束していたけれども前夜私が見た「「母べい」が良かったよ」というと午後は、これを見ていました。)そして、「篤姫」を見終わってからです。どうしても今日中にと思い、レンガの上に着いたセメントの拭き取りを暗い中、懐中電灯片手に行いました。これもすっかり汗だくになってしまいました。(4回目のシャワーと着替え)この後、夜中から明け方にかけてかなり雨が降りました。明るくなって、朝見るとパティオは余計なところは洗い流されすっかりほぼ綺麗になっていました。今日の午後での少し、残ったセメントのカスを取り除ければ完成です。
 満身創痍。腰痛をはじめ、体のあちこちが筋肉痛です。足のくるぶしをはじめ、あちこちに傷。今日は、午前中少しゆっくり体を休めることにします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。