触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恩師の米寿記念出版への寄稿文

<恩師の米寿記念出版への寄稿文>      2010.3.27

千葉川鉄公害とのたたかい
     ー稲葉先生と出会い、行動した日々」
 

                                       佐藤(磯村) 茂雄    


 私と稲葉先生との出会いは、今から38年前(1972年)の4月でした。川鉄公害とその被害の存在は、当時かなりはっきりしてきていました。しかし、その3月に、千葉市煤煙等影響調査会の疫学調査が発表され、その被害の大きさにあらためて驚嘆させられました。直後の4月、千葉県庁地下の県職労で、稲葉先生、田畑仁さん(当時県職労副委員長)と私ともう一人の4人が、初対面で意気投合し、その場で即座に「千葉市の公害を話す会」を作ってしまいました。当時、私は24歳の大学院2年生、稲葉先生はその倍以上の50歳でした。私は、学生でヒマなわけでもないのですが、事務局担当になりました。それからです、その年の10 月に「千葉市から公害をなくす会」になり、1973年に千葉県住民運動連絡会ができ、1974.年には、公害防止条例制定直接請求運動を起こし、1975年5月の千葉川鉄公害訴訟提訴と続きました。稲葉会長(代表)に対して私は、事務局(次)長あるいは、最後の裁判では、裁判を支援する会事務局長でした。

 先生との出会い前の私は、大学1~2年で川鉄周辺の寒川地区へセツルメント活動に入っていました。3~4年で私の学科が千葉では発火点となった大学紛争が起き、その渦中の中心にいました。大学院に入ってからは、科学技術論ゼミナールを結成し科学技術史の勉強会をしていました。その後、稲葉先生とともに市民運動を担っていく中で、先生に教えられて、研究室でその自主ゼミがSO2の自主測定を始めました。それから、修士論文作成へ入りました。内容は、歴史から現実(公害)の問題へ、です。「鉄鋼技術の発展に関する基礎的研究―鉄鋼業の発展と地域社会の変貌」(川鉄と千葉市を事例として)というものです。この内容は、その後の裁判の準備書面に反映されました。

 自主測定の方はその後1974年からNO2の簡易測定運動となり、6月の環境週間を中心に全県や首都圏に運動が拡大していきました。また、公害問題の解決には自治体の変革が課題となっていました。1974年の千葉市長選では、革新統一となったものの市民運動は加われませんでした。次の1977年の市長選から初めて市民運動が革新共同を提起し闘うことができました。個人的なことですが、さらに次の市長選(1981年)の最中に息子が難病を発病し、その後の療養(今は完治)生活を支えました。それを契機に千葉を離れ、妻の郷里宮城に行くとこを決意しました。千葉を離れる直前の1986年1月に川鉄公害訴訟共闘会議が結成され、私がいなくとも大丈夫な体制となりました。3月31日に千葉県職労を退職し、宮城に向かいました。当時36歳でした。その後、1988年に 千葉地裁判決、1992年に東京高裁勝利和解とつながっていきました。

 このように、稲葉先生と出会い、先生に影響を受け、ともに行動した「川鉄公害とのたたかい」は、私にとっては、市民(住民)のための科学と民主主義の学校でした。公害の住民運動と科学の結合、科学〔者〕運動、市民(住民)運動、被害者(救済)運動、政治〔変革〕運動、自治体闘争、裁判闘争、大企業の横暴を抑える闘争など様々な側面を持った多様な運動であり、学校でした。

 したがって、そこでの稲葉先生は様々な顔を持っていました。科学者として、市民運動家として、公害病患者(被害者)として等です。そうした中でもとりわけ印象的なのは、やはり科学者としての顔であり、私自身もそれに大きな感銘と影響を受けました。自らの自主測定と自治体のそれの両面から住民を苦しめる川鉄公害を執拗に追い詰める科学者としての熱い眼。公害裁判での汚染・被害立証を弁護団やともに闘う学者達と周到で膨大な準備過程をこなしていくドッカリと据わった胆(科学者としての確信)。裁判での証言、県議会での意見陳述、そして県庁の環境部職員(自治体労働組合員)とも率直な意見交換、これらすべてに私は同席させていただきましたが、そこで科学者としての自分の考えをまとめ述べる能力と相手に伝える言葉の力の大切さを稲葉先生から学ばせていただきました。

 その後、先生から学んだことをどれほど生かしてきたか自信はありません。今、私は、26年前に千葉を離れた当時の稲葉先生と同じ年齢(62歳)になっています。この先も離れた地ではありますが、その学んだことをもっと生かしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

PageTop

盛況だった 第4回ふれあい芸能まつり

NPO                             2010.3.20

盛況だった 第4回ふれあい芸能まつり 

3月17日 於:栗駒健康の里さんさんドリーム 


会場が一体となって盛り上がりました


 3月17日午前10時、外は、風が強く、小雪がちらつく寒い天候の中で、参加の出足が少し悪かったのですが、最終的には、出演者も自分達の出番の合間には席で見ていましたから、100人はいる会場は、ほぼ満杯。参加者が60人、出演者が32人の合計で92人になりました。サンバ、舞踊、歌謡曲、ハーモニカ演奏、津軽三味線と様々な分野の方々が、20演目と、次々に出演していただけました。先日のNHKのど自慢で優勝された方、プロ並みの水準の日舞の方や、ユニホームや衣装を調え、楽しんで生きがいとしてされているグループ、先生(お師匠さん)に引き連れられ日頃の練習の成果を披露した津軽三味線の会の皆さん、最後はその先生による秋田音頭で会場が一体となって盛り上がりました。これが全て皆さん、ボランティアでの出演ですから、頭が下がる思いです。

ボランティアの出演者も笑顔で楽しんで…

 全体的には、参加者だけでなく、出演者にも好評だったと思われます。大きな施設ですと慰問に来るボランティアもいるでしょうが、小さな施設ではそんな機会も少なく、スペース自体がありません。施設の外へ出ることは、施設利用者や職員の方には大変です。でも、今回も大きな施設からも多数来ていただけました。その大変さを上回る喜びや感動を提供し、至福のひと時を過ごすことができたのではないかと思います。また、出演者の皆さんの表情・笑顔がもとてもよくて印象的ですた。出番前は少し緊張されていましたが、自分達の出番が終わると他の出演者の演目を楽しんで鑑賞していました。会場の広さとか、雰囲気もとてもよくて皆さんがとてもこの「ふれあい芸能まつり」を楽しめたのではないかと思いました。くりはら活性化ネットの役割―施設の利用者が楽しむ行事をというニーズと、それに応えるボランティアの相互をコーディネイトするーということを、少しは果たすことができたと思います。

 スタッフとして、くりネットのメンバーも頑張りました。


 スタッフとしてくりはら活性化ネットの役員、会員が10人携わりました。もう何回もやってきているので、皆さん手馴れたもので、だいたいスムーズに進行できました。

 音響係りのHさん。キチンと設備を揃え(出演からの注文にも応え)事前の調整も含めそれなりに知識を持った方が当たらないと上手くいきません。舞台係りのOさん(夫)もこれだけ多くの演目ですから出演者の特徴、状態等を把握し、交通整理等をしっかりできなければなりません。経験が必要だと思いました。

 司会者のOさん(妻)は、開会から閉会までそのタイムスケジュールに責任を持つわけですから大変でした。参加者の到着の遅れ、開会を少し遅らせながらもその後をあまり遅らせることなく進めなければなりませんでした。出演者は、自分達の紹介もしたいという思いもあるのすが、それを少しガマンしてもらい司会者が紹介することにしました。初め演目(曲目)だけとか、名前だけとか言っていましたが、結果的には、会(個人)の紹介、演目(曲目)に引き続き一人一人の出演者の名前を紹介したことは出演者の皆さんには喜ばれました。歌謡曲の場面では、出演者が会場の参加者の中に入り歌いました。ハーモニカ演奏では、童謡や懐かしい曲を会場の参加者も歌うという場面ができました。このあたりは手馴れた司会者が上手くリードしてくれました。

 高齢を配慮して事前のミーティングにお呼びしなかった役員のGさんも当日は、早めに来ていて「何かすることは?」と申し出をされたので、写真係りをお願いしました。そうしたら、出演内容が気に入ったらしく、この春に彼が開催する「花まつりにも出演してもらうんだ。」といって大変張り切って写真を撮っていただきました。事務局長のMさんは、記録と出演者へのお礼として贈呈するDVDの制作係りなのですが、病み上がりのはずの彼までが2台の撮影機を駆使して大変ハッスルしてやっていました。

 私は、理事長のTさんとともに総括責任として全体の把握をしました。その他、各部署への連絡、出演者と司会者の間に入っての調整等々や出演者への挨拶とお礼、参加者の会場への案内・配置等その他いろいろありました。それも私一人というより、受付のSさん、案内と舞台係り兼務のHさんと複数で事務局的な仕事をこなしましたから何とかなったと思いました。

ここまでの準備をするのが大変でした。

・ 7回も開いた企画運営委員会

  1月11日に第1回を開いてから毎週のように会合を持ちました。メンバーは、4人ですが事務局長が家庭の事情と彼自身のダウンで、いつも3人だけの会合でした。手軽に栗原市民活動支援センターのロビーで行いました。出演者と参加者への案内と確認、タイムスケジュール作りと変更、必要な機材の手配と確保などすることは山ほどありました。これをこれまでの「ふれあい芸能まつり」は、事務局長一人か特定の人でやっていて、担当の一度も企画運営委員会は開かれていませんでした。(これ自体は極めて不正常でしたが…)今回はメンバーの中で一番経験の無い私が責任者にされてしまいました。それでも、頼りになる事務局長がいるからと思っていたのが、彼の家庭の事情とその後の彼自身のダウンでほとんど当てにできず事務局抜きという異常事態での準備でした。ですから、逆にきちんと頻繁に会合を持ち、残った3人のメンバーで協力して進めていかざるを得ませんでした。

  最後は、この企画運営委員会だけでなくほとんどの役員に集まっていただいてスタッフミーティングも持ち当日の確認、役割分担等をしました。

・ 記録をこまめに残して、情報の共有に努めました。

 この何回も開いた会合に役立ったのは、私が作った会議録です。毎回その会合で話し合われるべき課題を文章で提示しました。そしてそこで決まったこと、確認したことを記録に残します。次の会合には、その後に到達したとこも含めて文章で提示しました。こうしていくとどこまで到達して何が残っているか、課題は何かが直ぐ分かり会合も手短に終わらせます。集団の力を発揮させるには情報の共有が欠かせません。

・ 事務局機能を一手に引き受けました。

 事務局長のダウンですから、一切の事務局機能を私が引き受けざるを得ませんでした。封筒は偽造?、文書作成も印がないものですから、理事長名の下に〔職印省略〕と入れる手法を用いました。連絡先も最初は事務局長宅でしたが、それでは機能しないので途中から私のほうに切り替えました。出演者〔団体〕との調整も初めてでしたがいい経験になりました。
 
 印刷物―文書、チラシ、ポスター、プログラムの作成もすべてしました。ポスターをという声はなかったのですが、チラシのA4をA3に拡大しただけのものです。プログラムは、打ち合わせでは必要ないとなったのですが、前日に急きょピンクで30枚、うす黄で30枚作成しました。当日のスタッフ資料には白で10枚入れました。ふれあい(交流)というからには絶対に必要だと思ったからです。プログラムは、初め施設代表者や出演者などだけに配り、受付に残りを置いていたのですが、後から取りに来られて無くなってしまいました。大変、好評でした。

・ カンバン作りも1日がかりで…

 3月12日〔金〕午後のスタッフミーティングで、舞台の上に飾るカンバンが必要だということになりました。7回も開いた企画運営委員会では出なかったことです。必要性はうすうす感じていましたが、私のほうからは敢えて提起しませんでした。提起すれば必ず自分で作ることになってしまうからです。こことは別の会、「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」ではこの間、昨年9月末の設立総会と記念講演、今年2月の「栗原の学校統廃合を考えるつどい」の2回も大きなカンバンを書いてきました。特殊才能と言えないことは無いのですが、木枠付の布(キャラコ)カンバン、厚紙模造紙やケント紙を使うもの、小さなものから大きいものまで、書体もいろいろ、創作文字や飾りを入れるものまで出来てしまいます。今は、超大型のプリンターを使ってのPCから文字起こしをするポスターやカンバンが主流になっていますが、昔はみんな手作業でした。

 会合でこの印刷機で、しかもカラーでという話が出てきました。そんなお金はないのですからこれはダメです。しかたなく私がやりますと言ってしまいました。言ったのはいいのですがもう日にちも余りありません。材料を揃えるだけでも大変でした。〔土日は文房具屋が休み〕それでも何とか揃えて、3月14日の日曜の朝から夜の10時ごろまで(途中休み休みでしたが)かかって仕上げました。厚手の模造紙でその半分の大きさに一文字づつ色を変えて入れるというやり方にしました。〔並べるとかなりカラフルになります。〕「第4回ふれあい芸能まつり」ですから12枚、それに日付の1枚の計13枚です。この「4」と「日付」を変えれば次回も使えるようにしました。

・ 次回もこのようにと言われても…

 事務局長不在の異常事態での今回の「ふれあい芸能まつり」であって、次回も同様にとはならないとは思います。この間の準備過程では、責任も比較的分散し、集団で取り組めてきて、何とかこなしましたが終わってからさすがに疲れが出てきました。前に「ふれあい芸能まつり考」で書いたようにこの企画自体に私自身が向いていない、それほどの熱意も持っていないなどから、やはり、同じようなことをするのは正直なところ遠慮したいと思います。

まだまだ、課題・問題点もあります


 全体として第4回ふれあい芸能まつりは、盛況に終わることができました。しかし、課題、問題がなかったわけではありません。

① 地元対策がこれではダメです。地元栗駒の理事が中心になるわけでもなく、私が、まるで落下傘のように現地に入って、営業活動?のようなことをしていては効率も悪く、限界があります。地元の役員だけでなく会員さんにも協力していただく体制を作る必要があります。

② ①とも関連しますが、日程調整ができていないということです。対象を栗駒と鴬沢とにするなら2つの地元を熟知している方が加わって企画運営委員会とは別に実行委員会をつくるなり、または、その準備期間だけでも企画運営委員会に時折出席して頂かないと、今回のように鴬沢での同種の行事とぶつかることになってしまいます。

③ 「くりはら活性化ネット」のミッション(使命)―「施設の利用者が楽しむ行事をというニーズとそれに応えるボランティアの相互をコーディネイトする」ということをもう少し掘り下げる必要があります。ただこうして行事を恒例だからするというのではなくです。今回、栗駒地区を回ってみて社会福祉施設等がかなり増えていると知りました。まだまだ把握できていない所もありそうです。さらに、今後もっともっと増えていくとことは確かです。そうした所が雨後のタケノコのように増えていて、いろんな課題を抱えているようです。「くりはら活性化ネット」はこうした企画(その意味付けも、もっとはっきりとして)だけでなく何が出来るかを考える必要があるように思われました。

PageTop

「ふれあい芸能まつり」考 (その2)

「ふれあい芸能まつり」考 (その2)準備の過程で        
 2010.3.3

心もとない参加者の把握 

2週間後の3月17日にいよいよ当日になってしまうのですが、上手くいくのかどうか、何だか心もとない感じがしています。

これまでに企画運営委員会は6回も開いて相談し、詳細や行動を決めてきています。しかし、当初、一番頼りにしていた事務局長が、家庭とご自身の体調の都合でほとんど当てにできない状況になっています。実務的なことは、事務局不在でも何とかしてしまっています。(これも結構大変なのですが…)しかし、何よりも、地元対策がダメです。その結果、参加者の把握が思うように進んでいません。地元栗駒の理事が中心になるわけでもなく、私が、まるで落下傘のように現地に入って、営業活動?のようなことをしている次第です。それでも、知り合いの方の助力も得て、営業の範囲を広げているのですが、何しろ、私は押しが足りません。また、もう一人頼りになる市議をしている委員(押しが利きそう?)は、市議会が3月10日まであり、その後の活躍に期待するしかありません。

企画自体に対する疑問が、まだ…

前の「ふれあい芸能まつり」考で述べましたが、そもそも私には、この企画自体に対する疑問があるのです。
まず、その1点目の「社会福祉施設のニーズがどれほど強いものなのか?施設側で送り迎えをしてまで参加してくれるものなのか?」についてです。結論から言うと、営業をしていて、それほど強くは感じられなかったということです。

3年前の第1回目は、大掛かりで対象も栗原全体、2年目、3年目からは、各地域でとのことでしたが、2回目志波姫は前の企画運営委員長が演歌歌手であり、地元ということもあってその力で(1回も会議を開かずに)やってしまった。3回目は、その彼が辞めて花山で開催したのですが、(私は、この3回目だけに当日参加)これは、地元理事の尽力によるところが大きかったように見えました。それに、ほとんど施設と一体になった場所でしたし、その地元理事によって震災の被害者の方々の参加も得ました。私は,当初、栗駒も花山のような所でするものだと思い込んでいましたが、全く違っていました。最初に栗駒の地元理事の紹介による「しゃくなげ荘」と栗駒の社会福祉協議会に行ったのですが、そこは、ただ、会場を貸すといったことでしかないと分かりました。それから、該当する施設を調べ、営業に入っていったのですが、一応、反応は悪くはなかったのですが、早めの締め切り2月28日まで申し込んできたのは、たったの1ヶ所だけ。それも一番近いところですが、地元理事からは「働きかけなくとも良いのでは…」と言われ、私が、行っても一番その場での反応が悪かった所です。その次に近い所は、行った時、丁度、七福神の格好をしたボランティアの方々が慰問に来ていました。3月1日に電話で聞いても、「近くだが体制をとるのが大変」とのことでした。時間もまだあり、「是非、再考をして、返事をFAXで3月6日まで私のところに」とお願いしました。一番大きな施設も同じようなことだはないかと思われます。2~3年前と違って大きな施設には直接ボランティアの方々が慰問に行っているのが現状ではないかと思われます。

それに、ほとんど一ヶ所だけの花山との違いがあるのではないかと思われてきています。市議をしている委員は、福祉施設の仕事をしていた方で、この方面のことに詳しいのですが、「栗駒では、福祉施設の間の横の繋がりがない」「お互いがある意味では、競争相手なのだから…」ということです。彼女も「それではいけないのであって、お互いに刺激しあったり、協力したり、交流したりして、単なる行政サービスの下請けになるのではなく介助・支援・サービスの向上やそこで働く職員の労働条件の向上もはかっていかなければいけない。」と言うのです。私も、全くその通りだと思いました。

事前の私の疑問2点目「ニーズの要求するレベルの供給(質と量)が出来るのか?」ですが、これもなかなか大変です。途中の差し替え、出演者からの注文、出演予定者の辞退、…いろいろあります。でも何とか、委員会として、しています。3点目、「今のくりネットにそれが出来る力量と十分な予算があるのか?」非常時になっている現在、あるとは思えませんが、もうここまで来たらやるしかありません。出演者の準備がこれから着々と出来ていくでしょうから、あまりに参加者が少なくとも、問題です。対象者は、社会福祉施設利用者、高齢者、障がい者などで、一般の方もとしています。しかしあくまで参加対象の中心は社会福祉施設関係であり、この辺りのバランスも微妙です。既に私は、栗駒在住の親戚と知人には参加を承諾してもらいました。今日も、午後には社会福祉施設関係以外に対する働きかけにと、数枚のポスターを貼りに地元に出かけます。

今後の取り組みは、

まあ、3月6日が社会福祉施設関係の次の締め切りにしていますし、翌3月7日には企画運営委員会を開いて、その結果を基に相談します。また、3月12日には、当日のスタッフのミーティングを開きます。ここには、ほとんどの「くりはら活性化ネット」の理事が集まります。ですから、「心もとない参加者の把握」「企画自体に今の現状が合っているかという私の疑問」があっても、こうした集団的な会議の場で、皆さんの叡智を結集して何とか、この「第4回ふれあい芸能まつり」をそれなりに成功させたいと思っています。

ここまででも、今回、私が力不足ながらも企画運営委員長という責任者をして良かったと思われることも幾つかありました。それは、① 責任者(私自身)が力不足であっても、集団的に組織として、カバーすることの重要性。逆説的な言い方ですが、「責任者は万能でない方が良い。」ということなのではないでしょうか。「くりはら活性化ネット」の事務長は、万能であるがため、彼に皆が頼ってしまってきました。ところが今回、彼の家庭と彼自身がダウン。当初は、私も委員長といっても、また彼に頼ればいいと安易に考えていました。しかし、それができません。仕方なく、私が中心にやっているのですが、結果はおぼつかないと思います。しかし、私一人で責任は取りたくないので、私なりのやり方で、経過はきちんとまとめ、会議を頻繁に開き、情報はメール、FAX等で流してその「情報の共有」に努めています。委員会のメンバーだけでなく他の理事さんたちの力も借りていかなければなりません。

福祉、芸能という分野でも…

次に、私の苦手とする、福祉と芸能という分野についてです。福祉の問題も一つ一つ施設を訪問し、見て、話して、働きかけると少しずつですがその抱える問題点も見えてくるように思われました。それに、今回、栗駒という一地域だけでこれほどの社会福祉施設等がある、増えていると知りました。まだまだ把握できていない所もありそうです。さらに、今後もっともっと増えていくとことは確かです。今回の企画が、これからどうなるかの自信はありません。ただ、そうした所が雨後のタケノコのように増えるだけでなく、いろんな課題を抱えていて、「くりはら活性化ネット」はこうした企画だけでなく何が出来るかを考える必要があるように思われました。私が、これからどうするかは別として、とてもいい経験となっています。

芸能という分野も当日までもまだまだいろいろありそうです。しかし、芸能のボランティアをしている方々との関わりもまた、いい経験になるとは思っています。私自身は、図書館ボランティアで、図書館の他はせいぜい学校などしか出向きませんが、仲間には施設などへの芸能のボランティアの方に向かう人も出てきています。少しは接点があるかなとも思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。