触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「小中一貫教育を検証する」の紹介(その1)

<BOOKS> (35)                     2010.9.25

「小中一貫教育を検証する」の紹介(その1)

著者(編) 山本 由美 

出版社: 花伝社 発売日: 2010/08  定価(本体800円+税)アマゾンなどから購入できます。
アマゾン「小中一貫教育を検証する」

著者の紹介―和光大学現代人間学部教授 1959年長野県生まれ、東京都練馬区在住。/風の子保育園(練馬区)理事長。/横浜国立大学教育学部卒、大学院東京大学大学院教育研究科博士課程修了。/専攻、教育行政学。
新自由主義教育改革、特に学校選択制、小中一貫教育、学校統廃合、学力テストについて批判的なスタンスで調査研究し、それらが子どもたちに与えるダメージについても検証していこうとしている。

主な著書―「ベストスクールーアメリカの教育は、今」2002年花伝社。「学校統廃合に負けない!-小さくてもきらりと輝く学校をめざして」共著、2005年花伝社。「地域が子どもを守るー東京・東久留米の学校統廃合を考える」共著、2007年ケイ・アイ・メディア。「学力テスト体制とは何か 学力テスト・学校統廃合・小中一貫教育」2009年花伝社。

<内容>

 今、全国に拡がる小中一貫教育。「小中一貫校」という名の大胆な学校統廃合も急増。地域から小学校が消えていく現状を緊急レポート。(表紙より)

<目次>

1 何のための小中一貫教育か
第1章 小中一貫教育問題とは何か
第2章 小中一貫教育はどのように登場したか―中高一貫校の見直しの方途として
第3章 品川、三鷹、京都のモデルケース
第4章 「学力向上」を口実に進められる小中一貫教育―大阪府

2 ケーススタディ
第5章 小中一貫教育で三鷹市の学校現場は戦国時代
第6章 市民にひろがった運動―東京都羽村市
第7章 町村合併・学校統廃合と小中一貫教育―宮城県栗原市
終章 対抗軸を模索する

<出版の経緯について>

 本書の第7章の執筆は、「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」代表の鈴木氏と私が担当しました。その部分は、既に栗原教育市民の会ブックレットNO.1「ゆきとどいた教育を栗原の子どもたちに」(6月24日の記事  で紹介しています。)

 今年2月7日に開催された「栗原の学校教育を考えるつどい」で山本先生には、「栗原市金成の小中一貫教育の問題点」という基調講演をしていただきました。これは昨年末から先生と連絡を取り、実現したものです。
この「つどい」後に先生の方から緊急に「小中一貫教育の問題点」について本を出版するので栗原のことも書いてくれということでした。3月末には原稿をおくり、当初は5月連休明け辺りには刊行予定でしたが、少し遅れて8月はじめになりました。ですから私たちの会のブックレットの方が先になってしまいました。

 本書は、まだ、栗原では会の役員のレベルくらいしか普及していません。会でも内部でしっかりと本書の学習会をしなければいけないと思っています。その前に私自身が本書について、内容の詳しい紹介や感想をこのブログでするつもりです。それは、(その2)以降で書いていきます。

< 本が出ました。栗原市の学校統廃合についても載っています。是非お読み下さい。>

スポンサーサイト

PageTop

教育栗原市民の会ー総会のご案内

<教育問題>                      2010.9.25

第2回 ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会
         総 会 の ご 案 内

         ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会  
                          代表 鈴木健三


 秋涼の候 会員の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。 
さて、昨年の9月にゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会は結成され、今年で2年目を迎えました。

 この1年間、私たちは「小中一貫校学習会」「学校統合を考えるつどい」「市教育長との懇談会」「市教育委員会の傍聴」「「学校意見交換会へ参加」や「ブックレット300部発行」など市民の皆さんと積極的に考え、語り合う場を作り、進めて来ました。合併後の栗原の教育行政と市教育委員会は、「学校統廃合」を前面に、「未来の栗原の児童像」を示しています。さらに、栗原市政は,財政不足、合併債を気にしながら、市職員の大幅な削減を進めています。このような栗原市政に、栗原の教育に未来はあるでしょうか。

 会員の皆さん 未来を背負う子どもたちがこのすばらしい栗原の自然環境の中で安心して、遊び、学び、体験し、少人数だからこそ確実に一人一人に基礎基本を身につけられるように、ゆきとどいた教育がすすめられるように目配り、気配りしていきましょう。

 つきましては、ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会の総会を、下記のように開催しますので、万障繰り合わせの上ご参加くださいますようご案内申し上げます。

                             記

 日時: 2010年10月30日(土)午後1時30分から午後4時まで

 会場: 栗原市市民活動支援センター2階大会議(旧公立築館病院跡)
      (栗原市築館伊豆二丁目6-1)TEL0228(21)2060

3 内容: 第1部 第2回ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会
            総会


                  (1) 2009年度事業報告並びに決算報告、監査報告
                  (2)2010年度事業計画(案)並びに予算(案)承認について
    
         第2部 リレー教育講演会(詳しくは9月24日の記事を参照ください)

PageTop

リレー教育講演会のお知らせ

<教育問題>                               2010.9.24

リレー教育講演会のお知らせ 

            <参加は無料です。どなたでも参加できます。>

< メ イ ン テ ー マ >

 いま、子どもが危ない! 
                  ―日本の将来と教育の果たす役割は?-

 いま、少年犯罪、子どもの暴力、いじめ、ひきこもり、不登校、児童虐待、育児放棄など子どもをめぐる悲しい事件や状況が相次いでいます。

 子どもをめぐる社会環境も悪化の一途をたどっています。圧倒的に足りない保育所、不十分な子育て支援、かかりすぎる教育費、塾・受験競争の激化、格差と貧困の中、学びたくても学べない子ども、ライフチャンスの制約、就職難、未来を展望できず閉塞感のある社会など。この他にも、子どもの低学力の問題、子どものケータイ・ネット・ゲーム漬けの問題など…一見、豊かな国―日本のはずなのに、子どもたちは、いま、どの時代よりも“危ない時代”に生きています。まさに現代的「子どもの貧困」の時代なのです。

 こうした「子どもの貧困」を生み出している社会的な背景、社会の仕組み、経済的な困難性を取り除いていって、子どもたちに豊かな育ちと平和な未来を保障していかなければなりません。

 「いま、子どもが危ない!-日本の将来と教育の果たす役割は?」というメインテーマのもと、以下の三つのサブテーマでリレー教育講演会を開きます。是非、参加して一緒に考えてみませんか。

< 三つのサブテーマ >

1、国の教育政策は、どうなっていくのか、どうして行くべきなのか?  
  30人学級、子ども手当て、教育費無償化、奨学金・就学援助など

2、子どもを取り巻く環境は?  
  学校・教室では…教職員は…PTAは…地域では…

3、ゆきとどいた教育で未来への希望を子どもたちに!

< 二人の講師 >

 瀬成田実(宮城県教職員組合書記長)
 鈴木健三(ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会代表)

日時:10月30日(土)午後2時30分~4時

場所:栗原市市民活動支援センター
  2階多目的室 栗原市築館伊豆二丁目6-1(℡)0228-21-2060)

*内容:リレー教育講演と質疑応答                              

「リレー講演会」に先立って、「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」の総会(午後1時半~2時半)を開きます。


《主催》  ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会  

  連絡先:栗原市栗駒文字葛峰37-3 鈴木健三 TEL(留守電も)0228-47-2932  

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。