触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「学校にかかわる入札問題」の背景と解説

<教育問題>                               2011.1.27

「若柳中学校校舎、築館中学校体育館改築をはじめ、学校にかかわる入札問題」の背景と解説

 宮城県栗原市では、昨年末(12月16日)に学校改築落札が2件、最低制限価格と一致していたという官製談合疑惑が起きています。同種の疑惑(落札額と最低制限価格の一致)は過去3年間にも21件あっとも新聞で報じられています。これは、官製談合が常態化していたという疑惑が出てきたということだと思います。

 また、今、栗原市では、学校統廃合(再編)計画のトップバッターとして金成小中一貫校建設がどんどん進められようとしています。この校舎が当初の中学校を17億円で改築するというものから、いきなり25億円新築へ変更されました。確かに保護者等の不安を解消するのにそれなりの施設・体制は必要です。しかし、それがハコモノで引き付けたり、幻想を与える前例にならないか危惧されるところです。しかも、これを、市民に十分に諮らず短期間で決めてしまっています。

 ここ、栗原市では、金成小中一貫校の新築が前例とされ、今後の統廃合計画でもハコモノ(コンクリート)建設が大きなウエイトを占めてくる可能性が出てきています。これは、一方で学校設備を抑えようとしていることと矛盾するようにも思われ不可解なことです。金成地区だけでなく今後、栗原市全体から教職員はどんどん減らされていきます。その一方でこのようなハコモノ(コンクリート)建設がどんどん進むならば、これは、「人からコンクリート」なのかと思わざるを得ません。民主党が政権をとる時に掲げた「コンクリートから人へ」への正反対のことが起きてきています。

 1月26日、―若柳中学校校舎、築館中学校体育館改築をはじめ、学校にかかわる入札についてー「公正な審査」を求める要請書を栗原市教育委員会に提出しました。1月30日には「「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」の第1回新春学習会が開催されます。そこでもこの問題も話されます。要請書の回答期限が2月10日ですので、この後にもこの問題の紹介はしていきますが、まず、問題となった市議会でのやり取り、新聞記事の紹介します。(<資料1>、<資料2>、<資料3>


<資料1> 

日本共産党栗原市議団 市議団ニュース 2011年1月 NO.30
市議会報告(12月定例会) 菅原勇喜議員の一般質問より

ー若柳中学校後者建築工事・築館中学校体育館建築工事ー
最低制限価格ぴったりで落札

(問) 

 若中校舎建築工事は、予定価格比90%、最低制限ぴったりの9億6300万円で落札。築館中体育館建築工事も予定価格比90%、最低制限価格ぴったりの4億860万円で落札した。
1.どのような感想を持っているか。
2.最低制限価格の決定は誰が、いつ行うのか。
3.予定価格または最低制限価格と100%一致した件数は過去3年間で何件あるか。

(答) 

1.(市長)業者間の適正な価格競争による入札結果と考えている。
2.(市長)市役所は副市長、総合支所は総合支所長が入札日に作成する。
(副市長)最低制限価格を設けた以上は、こういうぴったりの数字が出てくる。運用の幅を持たせないとだめかなと    反省している。
3.予定価格と同額の件数は
平成20年度…25件  
平成21年度…13件  
平成22年度…10件
最低制限価格と同額は
平成20年度…3件  
平成21年度…8件  
平成22年度…10件

”事前に価格を知らなければ、ありえない事態"

 最低制限価格は、それを1円でも下回れば失格になるというものです。
 それを"ぴったりで落札"するというのは、"事前に価格を知らなければありえない事態"という声が、建設関連業者の間で広がっています。



<資料2> 

栗原市発注工事 最低制限価格と一致 2件相次ぐ 

                           2010年12月17日 河北新報(Web版)

 宮城県栗原市が発注した大型公共工事の入札で、落札額が最低制限価格と相次いで一致したことが16日、同市議会12月定例会の一般質問で取り上げられた。市議から価格漏えいを懸念する質問が出たが、市は「業者間の適正な競争により行われた結果」との見解を示した。

 価格が一致したのは築館中体育館改築工事(11月22日入札、落札額4億860万円)と若柳中校舎改築工事(同25日入札、9億6300万円)で、いずれも制限付き一般競争入札が行われた。

 築館中は栗原市築館の建設会社、若柳中は同市若柳と仙台市の建設会社の特定建設工事共同企業体(JV)が落
札した。

 いずれも今定例会に請負契約議案が提出されている。わずか4日間に大型建築工事で一致が相次いだことから、地元建設業界で話題になっている。

 菅原勇喜市議が価格決定のプロセスなどについて質問。答弁によると、予定価格と最低制限価格は副市長が入札日に設計額を見て決める。落札額と制限価格の一致は、過去3年間に21件あったという。柳川輝久副市長は「予定価格は設計額に近い価格にしており、過去の例を見れば、ある程度は予定価格と制限価格を類推できる」と答弁。「入札方法を改める必要があるかもしれない」と述べた。 


<資料3> 

最低制限価格と落札価格が一致 栗原市の工事2件                           
                2010年12月17日 朝日新聞宮城版 

 栗原市の2件の中学校改築工事で、業者の落札価格が最低制限価格と一致していた。市側は16日、「適正な価格競争の結果と考える」と説明しながら、最低制限価格の設定方法を見直す考えを示した。

 市議会で菅原勇喜議員(共産)が指摘した。

 一致していたのは、11月に入札があった築館中体育館の改築工事(落札額4億860万円)と、若柳中学校舎改築工事(同9億6300万円)。体育館は地元建設会社、校舎改築は仙台市と地元企業の共同企業体が落札した。

 最低制限価格は予定価格の70~90%の範囲で決めることになっているものの、大半は上限の90%で算出していた、と市は述べた。指摘を受けて、今後は範囲内で弾力的に算出する意向を述べた。

 同市は、入札後まで予定価格や最低制限価格を非公開にしている。県内の建設業者によると、入札希望業者は事前に設計図面や仕様書を閲覧できるため、予定価格はある程度までの推測はできるが、一致させるのは難しい。

 市は、予算書からも予定価格が推測できる、と説明する。



スポンサーサイト

PageTop

要請書を栗原市教育委員会に提出

<教育問題>                              2011.1.26 

若柳中学校校舎、築館中学校体育館改築をはじめ、学校にかかわる入札について
「公正な審査」を求める要請書を栗原市教育委員会に提出            

 「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」では、昨年末より、この件について協議を重ねてきました。これは、明らかに官製談合疑惑問題なのですが、私たちの会でこの問題を全面的に捉えて、更に調査を進めて対処することは、難しいという判断をしています。

しかし、① 問題が起きているのが学校建築に関することである ② 今後、金成の小中一貫校の新築問題はじめ学校統廃合絡みでの建築―「入札」が増える ということから、何もしないということではなく、今から事前に教育委員会に(権限は限られていますが)「公正な審査」の要請しておこうということになりました。

そこで、1月26日午後2時過ぎに栗原市教育委員会に代表、事務局長と私の3人が行ってこの件の「要請書」を提出してきました。この日の3時からは平成23年度第1回栗原市教育委員会定例会でしたので、その傍聴を兼ねての行動でした。そうしたこともあって丁度、教育長も教育部長もいましたので、直接少し話をして要請をすることができました。後日、他部局との調整後にも回答する(2月10日までとお願いした)ということでした。

昨年9月1日に「私の提案―自治体財政分析講座の開催を」という呼びかけをだしましたが、その趣旨には多くの方に賛同をいただきましたが、なかなか一緒にしようとする方が増えません。そこで考えていた勉強会=栗原地域自治研究会(仮称)は、財政分析だけでなく行政分析も行うことになり、栗原市における市民オンブズマンの役割も果たしていくことになると考えていました。「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」は、この間の活動を通じて、栗原市における教育オンブズマンの役割を果たそうという共通認識にまで到達しています。しかし、この官製談合疑惑問題の全体に取り組むには、やはり、別の運動体の結成が必要だと考えています。

この1月30日に「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」の第1回新春学習会が開催されます。そこでの主な内容は、① 読書会「小中一貫校を検証する」(花伝社 山本由美編)ですが、その他に ② 新学習指導要領 と ③ 栗原市発注工事「若柳中学校校舎改築」「築館中学校体育館改築」の入札について も話されます。私の考えているような方向に進むかどうかはわかりませんが、これからもいろんな方に働きかけをしていこうと思っています。 




 2011年1月26日
栗原市教育委員会
 教育委員長 後藤邦正様
教 育 長 亀井芳光様

若柳中学校校舎、築館中学校体育館改築をはじめ、学校にかかわる入札について
「公正な審査」を求める要請書

               ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会 代 表 鈴 木 健 三 

 貴職におかれましては、日ごろ栗原市の教育行政の円滑な運営にご努力されていることに深く敬意を表します。
 さて、私たち「ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会」は、昨年の12月16日付けの朝日新聞、河北新報の新聞記事による、栗原市議会の「若柳中学校校舎、築館中学校体育館、改築の入札の件について」の質疑応答の新聞報道について、大きな疑義を持ちました。この報道には、多くの市民も強く関心を示し、懸念を抱いております。
 私たちは、今後、学校再編計画をはじめ、学校に関わる入札を「公正な審査」で行う必要があると考えます。このことは、現在、栗原市当局が財政縮減策を実施する中で、市民が身にしみて、最も関心を示しているところであります。特に、今後、金成小中一貫校の校舎等の建設をはじめ、幼小中学校の校舎、体育館、プール建物、校内の設備、備品等々多額の財政を伴う事業を予定していると思いますが、これらの金銭に関わる入札の件に関しては、市民にガラス張りに公開をすることを強く望むところであります。 
 以上の観点から、若柳中学校校舎、築館中学校体育館改築をはじめ、学校にかかわる入札について「公正な審査」をするよう、下記の項目について要請します。
 尚、要請事項については、2011年2月10日までに文書で回答をお願いいたします。
 
要請事項
1 今回の各紙の新聞報道について、貴職の見解をお聞かせください。
2 今後、学校建築等で、どのような工事を予定しているか、お聞かせください。
3 今後、予定している工事の 「入札」 は、どのような方法を考えているか、お聞かせください。
4 疑義がもたれないような「入札」の方策はどうあればよいと考えるか、お聞かせください。

 ・回答の宛先:〒989-5361 栗原市栗駒文字葛峰37-3
     ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会 代表 鈴木健三

PageTop

第1回新春学習会

<教育問題>                     2011年1月1日

ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会 
代表 鈴 木 健 三

第1回 新春学習会の開催について (ご案内)

皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、去る10月30日に皆様のご協力によりお陰様で市民の会第2回総会並びにリレー講演会を開催することができました。本当にありがとうございました。標記の件について、下記のとおり開催いたしますので、ご多用とは存じますが、是非参加くださいますよう申し上げます。

 なお、PTA,友人、知人にも声掛けをお願いします。


                                  記

1 日時:2011年1月30日(日)1:30~15:30まで

2 会場:栗原市市民活動支援センター中会議室(築館総合支所2階)
住所 栗原市築館伊豆2-6-1
電話 0228-21-2060 FAX0228-21-2061

3 内容

(1) 読書会
        山本由美編「小中一貫教育を検証する」花伝社
         現在800円で販売していおります。
         当日も購入できます。

(2) 学校建築・改築の入札の件について

(3) 新学習指導要領でどうなるのか。


kuc


    (連絡先)代表 鈴木健三宅 栗原市栗駒文字葛峰37-3
           電話留守電 0228-47-2932
           携帯電話  080-6019-2932   

PageTop

2011あけましておめでとうございます

   2011.1.1



awe




 ブログ「触媒生活」を始めてから、およそ3年が経ちました。そして、セカンドライフ、年金生活も様になってきたように思います。特に昨年4月からは、妻と一緒に行動することが増え、様々なところに出かけたり、様々な人と出会ったりしています。

昨年、11月の久しぶりの千葉行きは千葉での公害反対運動は「あの運動が、私の原点だった。」と再確認できました。そこで、人と人の繋がり、結びつきが大切だと改めて知らされました。そうした中で、私自身としては、ますます、「触媒」としての役割を果たしていかなければと思いました。

 今年も、どうぞよろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。