触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「栗駒文字地区放射線量測定マップ」と「宮城県北部は放射能ホットエリアです。」

<原発・環境・エネルギー問題>        2012.2.11

地域放射能汚染マップ第3弾「栗駒文字地区放射線量測定マップ」と
全体の放射能汚染マップ「宮城県北部は放射能ホットエリアです。」を発行。


 ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会放射能測定スタッフ

連絡先 佐藤 茂雄:TEL・FAX 0228-22-7412 E-mailfa43725@yb3.so-net.ne.jp


< 栗駒文字地区の空間線量は若干減少傾向。 >
        (栗駒文字地区放射線量測定マップの説明)

 栗原市放射線量測定マップのデータなどを、文部科学省の航空機モニタリング調査による放射線量等分布マップ拡大サイトの上に落としてみました。

 国は、法定基準の被ばく線量年間1ミリシーベルトを1時間当たりでは、0.23マイクロシーベルトとし、それを超える宮城県の8市町村は、「汚染状況重点調査地域」の指定を受け除染計画を策定することになりました。栗原市でも、もうすぐ線引きを含む除染計画を作ることになります。

それでも高濃度地帯。地表は放射線管理区域と同程度。

 栗駒文字地区の文部科学省の航空機モニタリング調査による放射線量等分布マップを見ますと、当初(7月2日)出されたものから比べて、半年以上経ったものは、超高濃度地帯である(1mの高さの空間線量0.2~0.5マイクロシーベルト/時間)部分が減少してきています。(11月5日のもので比較して)しかしそれでも一部に超高濃度地帯と地点が残っています。

 更に、地表に関しては、セシウム134及びセシウム137の合計沈着量(ベクレル/㎡)は、ほとんど変わらず、放射線管理区域にあたる4万ベクレルを超えたままであると思われます。

< 4万ベクレル/㎡以上は放射線管理区域 >

 栗原市北部から西部にかけてなどは、放射線管理区域と同程度に地表にセシウムが沈着しています。

 「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」の放射線管理区域設定基準 3項によれば、部外者以外立ち入り禁止となる放射線管理区域設定基準は4万ベクレル(40,000Bq)/㎡です。

 この放射線管理区域は、本来ごく特殊な人間しか入ってはいけない区域です。放射線治療を行なう医療関係者(医療法)、放射線研究施設・原子力発電(処理)施設などの従事者(労働安全衛生法)などだけが対象とされていました。

 そこでは、放射線による被害を防ぐための注意事項の提示、遮へい壁、防護つい立てなどの設置や、常時立ち入る場所における外部放射線と内部被ばくによる線量の測定。女性の放射線業務従事者への配慮など必要とされています。

 京都大学原子炉助教の小出裕章先生は「私が働いている放射線管理区域の内部であっても、1万ベクレル/㎡(=150Bq/kg位)を超えている場所は、ほとんどありません。」と発言されています。

<ホットエリアとホットスポット>

 全体の放射能汚染マップ「宮城県北部は放射能ホットエリアです。」を見ていただければ分かりますが、栗原市北部から西部にかけてなどは、この放射線管理区域設定基準の4万ベクレルに相当する3~6万ベクレル/㎡の高濃度地帯が広範囲に拡がっています。ここは放射能汚染のホットスポットというより(当初は、私達も「宮城県北部にはホットスポットがある」という言い方をしていました。)、ホットエリアと呼んだ方が良いと考えます。さらに花山、栗駒、金成の山間部(+金成は有壁の市街地全部も)にはそれを上回る超高濃度地帯が拡がっています。中には極端に高濃度のウルトラ高濃度地帯ともいうべき地点がワンポイント的にあります。

 このホットエリア(高濃度地帯+超高濃度地帯+ウルトラ高濃度地帯)の特徴は、放射線管理区域相当の高濃度以上の地帯であり、要注意です。

 今回作成した「栗駒文字地区放射線量測定マップ」の栗駒文字地区はどこをとっても高濃度地帯です。それでも当初に比べ、超高濃度地帯と地点は大幅に縮小しています。それで、比較的に対策は取りやすいと思われます。

 高濃度地帯のどこでも、空間線量は、雨樋がない軒下、雨水が溜まる場所などでは、最高値で地表で、3.0μ㏜/h近く、50㎝で、1.0μ㏜/h前後、1mで、0.6μ㏜/hくらいは出てもおかしくありません。各戸の敷地内にホットスポットがあるということです。そこで、各戸ごとのホットスポットのチェックが必要となってきます。(その後、除染=隔離も必要になります。)

 また、この高濃度地帯では、土壌中の放射性セシウム(Cs)ですとだいたい500ベクレル/㎏は出てきます。その農地からの野菜やコメなどもある程度以上のセシウム(Cs)は検出されます。今、話題となっている福島のミミズは、川内村(土壌138万ベクレル)で2万ベクレル、大玉村(同8万~12万ベクレル)で1000ベクレル、只見町(同2万ベクレル)で290ベクレルということですから、こちらも栗原のホットエリア内の高濃度地帯でも、多分500ベクレル以上と予測できます。岩手県南では、この土壌調査がある程度進んできているようです。宮城県北でも、もっと多数の土壌調査とそれに関連しての農作物調査が必要です。

 宮城県南のまきストーブが問題となり、栗原でも調査が始まっています。まき自体もですが、むしろその燃え殻(灰)に濃縮され、空中に舞い上がるのが問題のようです。樹皮や葉に溜まりやすいようです。同様に野焼きや、樹木などを焼くのも調査が必要とされてきます。

 この高濃度地帯までは至らない比較的高濃度地帯(この名称は勝手に付けました)でも高濃度地帯に近いところでは、除染対象の1mで0.23μ㏜/h以上の地点は結構あります。それは、「栗駒中心部(岩ケ崎)放射線量測定マップ」でも「一迫地区放射線量測定マップ」でも同様にあります。両地区の学校等施設では、既に1μ㏜/h以上のホットスポットの処理は基本的に終わっています。その他の公共施設も栗原市の調査は一応1回行われました。しかしそこではホットスポットは見つかっていません。しかし私達が部分的に調査した結果、高濃度地帯ほどではなくとも同様の傾向でホットスポットが出ることが分かっています。更なる詳細な調査が必要です。この比較的高濃度地帯でも高濃度地帯と同様に多数の土壌調査とそれに関連しての農作物調査が必要です。

 中濃度地帯(ゾーン)というのは、低濃度地帯と比較的高濃度地帯の境界線にあたるところです。文部科学省の航空機モニタリング調査でも明確なゾーンは分かりません。この間の72カ所の学校等施設の調査でここもかなり綿密に調べて所があり、局所的にホットスポットが見つかっています。ここは全般的な除染は必要なく、このホットスポットだけをなんとかすれば済むはずです。ただ、調べているのが学校等施設だけですから、その他の公共施設などの調査も必要とされてきます。

<各地域・地区で、放射能汚染マップの作成を>

 地域放射能汚染マップは、第3弾まで出来ています。(ネット上にうまく載せられなくてすみません。)明日の2月12日(日)の午後1時半~4時まで 場所―文字小学校体育館での研修会「放射能から子どもたちを守るために、今、私達にできることは、」と、2月19日(日)午後1時半~6時まで、栗原市市民活動支援センター(栗原市築館総合支所2階)での<原発震災DVD上映会>で、全部、展示します。あと、2月16日(木)会場:仙台国際センター「放射能・原発事故とどう向きあうか」でのプレ企画 (ホール・ホワイエ・ロビー)で14時より「みんなの街の脱原発ポスター展」に展示します。(18時30分から講演:講師:安斎育郎 氏 )

 この地域放射能汚染マップは、さらに調査が進めば修正や集積が必要です。栗原市などの公的な調査だけでなく、それを踏まえて、更に市民の皆さんが自主的に行う調査で作る方がより実効性があるものになると思っています。まだまだできていない地域・地区がいっぱいあります。第4弾、第5弾…と出していければ良いと考えています。それにはそこに住む方、そこで営農・営業など営んでいる方々の協力が不可欠です。各地域・地区で、放射能汚染マップの作成をつくりましょう。私達が協力します。

 地域・地区の放射能汚染マップを作りたい方、私達(放射能測定スタッフ)の方にご連絡をお願いします。

ウルトラ高濃度地帯(UA) 空間線量(1m)0.2~0.5μ㏜/h  Cs134+137  6~10万㏃/㎡

超高濃度地帯(A)    空間線量(1m)0.2~0.5μ㏜/h  Cs134+137  3~6万㏃/㎡

高濃度地帯(B)     空間線量(1m)0.1~0.2μ㏜/h  Cs134+137  3~6万㏃/㎡

比較的高濃度地帯(C)  空間線量(1m)0.1~0.2μ㏜/h  Cs134+137  1~3万㏃/㎡

中濃度地帯(D)  空間線量(1m)~0.1μ㏜/h  空間線量(50㎝)0.1~0.2μ㏜/h  Cs134+137 ~1万㏃/㎡

低濃度地帯(E)     空間線量(1m)  ~0.1μ㏜/h   Cs134+137  ~1万㏃/㎡

(ウルトラ高濃度地帯などの名称は独自につけました。)

スポンサーサイト

PageTop

<原発震災DVD上映会のお知らせ>

<原発・環境・エネルギー問題>        2012.2.1

<原発震災DVD上映会のお知らせ>

 私たちは今、否応なしにかなりの長期、何世代にもわたって、放射能汚染と向き合って行く時代に入っていっています。私たちは、日本にとどまらず、地球全体の危機ともいうべきこの事態の中で「放射能から子どもたちを守ること」を最優先して、今出来ることを明確にして行動すべきではないでしょうか。

 2012年、これから栗原市では、放射能汚染の除染計画の策定に入り、地域の再調査や話し合いが持たれていきます。しかし、その前提となる放射能汚染の実態の正確な把握や有効な対策について市民の間に共通認識ができていません。それは放射能汚染被害についての「安全レベル」に関して政府やメディア、一般の人も混乱が続いているからです。

 そこでまず私たち自身が「放射能・放射線量についてもっとよく理解する」ことから始めようと、「原発震災・DVD上映会」を開くことにしました。

 栗原市や国の調査や市民の調べたデータなども展示しています。お茶も用意しています。ご都合のよい時間帯にお気軽にご参加ください。(入場は無料です。)

と き : 2月19日(日)午後1時30分~6時まで

ところ: 栗原市市民活動支援センター(栗原市築館総合支所2階)

*プログラム*

① 小出裕章(京都大学原子炉実験所) 「被曝の時代」―講演記録 68分―   1:30~2:40

 2011年6月19日に札幌で行われた北海道反核医師歯科医師の会での講演を収録。

「フクシマの現実と責任」 福島原発で何が起こっているのか、果たして福島第1原発は今、どうなっているのか。汚染はどこまで広がっているのか。子どもたちを守るために問われる責任とは。小出裕章さんの今、本当に聞いてほしいこと。―福島の現状の事実が衝撃的で、「冷温停止状態」なるものがどんなにいい加減なものか、私たちが知らされていることとだいぶ違うと認識させられます。さらに科学者・専門家、政治家が、私たち一般の日本の大人たちが考えるべきこと、子孫に対する責任を訴えています。今見るにも、タイムリーです。

② 今中 哲二(京都大学原子炉実験所) 「低線量被曝とは」 インタビュー/54分―   2:50~3:45

 政府が当初、言っていた避難基準・20ミリシーベルト。100ミリシーベルト以下の低線量では「健康被害は確認されていない」というのは、本当なのか。低線量被曝のリスクを詳細に解説。―私たちが低線量被曝の基本を確認するのには不可欠のものです。100ミリシーベルト、200ミリシーベルトまで安全だと言って、宮城県では健康調査の必要はないと言い切っている東北大の川島慶太氏、石氏慶造氏などへの反論にもなるものです。

2011年6月21日、大阪にある京都大学原子炉実験所でのインタビューです。

③ 中手聖一(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク代表)「声を上げずには いられない」
講演71分/質疑46分    4:00~6:00

 北海道には福島から多くの避難者が移住しています。9月24日の札幌での講演記録です。福島では何が進行しているのか。復興報道に専心するメディアが伝えようとしない福島の人たちの声をまず聞いてほしい。疎開、避難、強いられる被曝…子どもたちを守るため、私たちができることは…。

 中手さんと参加者(避難者や支援の市民など)との質疑も半分くらいです。「事故収束」宣言とか「避難区域見直し」がどういう意味を持ってくるか、今、福島や多くの避難している人たちに必要なことは何か、それだけでなく福島以外の同じ放射能汚染拡大地で取り組むべきことは…そんなことを考えさせられます。福島からのこの声を受け止めて「子ども、妊婦、若い女性など放射線弱者の命と健康を守ること」この一点で、これを最優先して、国中の全ての力を合わせるべきです。

主催:放射能から子どもを守る栗原連絡会(準備会)
 
   ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会 ・ 栗 原 母 親 連 絡 会

   連絡先/ 鈴木 健三 TEL(FAX) 0228-47-2932

PageTop

「放射能から子どもを守る栗原連絡会」(仮称)結成に

<原発・環境・エネルギー問題>       2012年2月1日

「放射能から子どもを守る栗原連絡会」(仮称)結成に向けてのご案内                                           
      
      放射能から子どもを守る栗原連絡会(準備会)
       ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会・栗原母親連絡会

 寒中お見舞い申し上げます。

 昨年は、ゆきとどいた教育をすすめる活動に加え、放射能から子どもたちを守るための私たちの取り組みー講演会・学習会、測定活動、給食センター見学会などへの参加など、ご協力ありがとうございました。

 3.11の大震災以後のこの間の経過を見てきますと、この危機の中で「子ども、妊婦、若い女性など放射線弱者の命と健康を守ること」を最優先にした新しい流れが生まれつつあることが分かります。初めは孤立した点であったものが繋がって仲間を増やし、面になり、そして立体(分野・世代・党派・宗教などを超え)にもなり、ある地域で起こったり、地域をこえて連携したりして、瞬く間に拡がっていっていることが分かります。地域や分野で時間差はあっても、それが同じような方向に必ず“動く”ということを私たちは実感しています。そして、その“動き“”流れ“は、もう誰も押しとどめることは出来ません。

 ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会と栗原母親連絡会は、この間、それに対応するにふさわしい運動体づくりを模索してきました。団塊の世代(ジジ友、ババ友)が中心の私たちですが、何とかして地域のもっと多くの若い世代(パパ友、ママ友)の人たちの参加を働きかけてきました。2団体だけでいつまでもこの課題に取り組むのも限界があり、「放射能から子どもを守る栗原連絡会」(仮称)結成を目指すことにしました。結成は3月末か4月になると思います。それまでの間、2団体で準備会として動いていきます。

 そこで当面の活動予定として以下のことをお知らせします。

 今後とも、よろしくご協力をお願いします。

1、<原発震災DVD上映会>

とき:2月19日(日)午後1時半~6時まで

ところ:栗原市市民活動支援センター(栗原市築館総合支所2階)

プログラム:

①小出裕章(京都大学原子炉実験所)「被曝の時代」-講演記録―1:10~2:20

②今中哲二(京都大学原子炉実験所)「低線量被曝とは」     2:30~3:30

③中手聖一(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク代表)
         「声を上げずには いられない」-講演と質疑―3:40~5:40

 栗原市や国の調査や市民の調べたデータなども展示しています。お茶も用意しています。ご都合のよい時間帯にお気軽にご参加ください。(入場は無料です。)

連絡先・鈴木 健三 TEL(FAX)0228-47-2932

2、<文字地区社会福祉協議会・文字地区ボランティア友の会研修会>

2月12日(日)午後1時半~4時まで 

場所―文字小学校体育館

「放射能から子どもたちを守るために、今、私達にできることは、」

講師/河内山 耕氏(里山生活学校代表者)原子力資料情報室の会員で、自宅で15年前から放射線測定を続ける奥州市江刺区の有機農家です。

 農作物・土壌に残る放射能の危険性。人体への影響・内部被曝について。4月から適用される食品に関する新基準をどう見るか。農村地域で放射能対策は?放射能の特徴、宮城県北部土壌の汚染状況、子どもの体内は、…被曝状況は。

 放射能に対する「測定」「評価」「対策」について、宮城北部と地続きの岩手南部を中心に講師活動もされている、河内山さん迎えて 実践的なお話をしていただきます。質問などにも時間を取って答えていただきます。

(参加費:無料 会員以外の一般の方も参加できます。)

主催/文字地区社会福祉協議会・文字地区ボランティア友の会

 協力/放射能から子どもを守る栗原連絡会(準備会)ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会・栗原母親連絡会
 連絡先・鈴木 健三 TEL(FAX)0228-47-2932

3、<栗原母親連絡会主催学習会>

「ママとばばの放射能学習会」(パパもじぃじも大歓迎)

とき:3月4日(日)午後1時半~3時半まで

ところ:栗原市市民活動支援センター(栗原市築館総合支所2階)

講師/矢崎とも子先生(坂総合病院・内科医師) 親として、医師としての立場から

 ・栗原市内でも線量が高め、毎日のくらし、何をどう気を付ければいいの。
 ・家の辺りは、線量が少ないから大丈夫じゃないの…
 ・家で採れた野菜、子ども達に食べさせたいと思っているけど大丈夫?
 ・赤ちゃんのミルクに水道水は大丈夫?
 ・干し柿を作ったけど、食べさせてもいいの?

参加費:300円(ソフトドリンク+手作りスィーツ付)

*お子さん連れでもお気軽にご参加ください。

連絡先/栗駒 大場節子45-2152 若柳 菅原栄子32-2442 築館 佐藤澄子22-7412

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。