触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年初めての菅原水泳教室に参加して 

<スイミング> 2

今年初めての菅原水泳教室に参加して             
2010.2.9

2月5日に、菅原先生による水泳教室が久しぶりにもたれました。昨年秋以降(9月19日)から始まったのですが、これまでに2回もたれ、そのうち1回に参加してきました。その今回が3回目です。毎回、中級~上級者ばかりで、栗駒プール主催の水泳教室に比べレッスンも少しハードで私にとっては、ついていくのが精一杯。「大変だった。疲れた!」と妻に言うと「そんなんだったら、止めればいい」と言われてしまいます。しかし、「好きなんだから、仕方がない」と言い訳をしています。毎回レッスン終了後に幹事のOさんからレッスンメニューまとめて参加者に配布されます。今回は、クロールと背泳ぎでしたが、もう今日2月9日に配布が始まりました。第1回目のは、もらったメニューを何度も自分に都合の良いように自己修正を4回も繰り返しました。(最後にこれは載せておきます。)

第2回目は、バタフライ等でしたが、私は、参加しておらずレッスンメニューのメモを見せてもらい、また解説も少し受けましたが、よく理解できませんでした。これは自己流にアレンジのしようもなく、未だに生かされていません。やはり自分自身が参加し、自分の体でつかんだ、あるいはつかみそこなったものしか生かされてきません。

今回出されたスイムレッスンメニュー NO.2 (2010.2.5)は、

クロール
1、 ビート板ノーマルキック 25×4
2、 ビート板片足キック   25×4
3、 ビート板片足交互キック 25×4
4、 スカーリング      25×4
5、 片手ストローク(きおつけ)25×4
6、 片手ストローク(片手伸ばし)25×4
7、 両手3秒待ちストローク(キャッチアップ)25×4

注意点:キックは足首、膝 やわらかく 膝を開かない
注意点:ストロークは水を押さえる→かき→プッシュ

背泳ぎ
1、 首上げキック
2、 片肩上げキック
3、 片手ストローク(水を捕らえ、力を入れる。ヨッコラショ!!)
4、 スイム

これに私が気付いた点を付け加えると

クロール・背泳ぎ
・キャッチアップをしっかり、丁寧に。・手ではなく体(肩)を伸ばしいつもその先の水を捕らえること。・フィニッシュにポイントを(力を)。・水の塊を捕らえる。水の塊をそのまま後へ。・手は、45度斜め下に水を押さえるようにする。(手は常に下向きに)
・肘を前へ。肘を立てる。・肘を高く上げながら、肩を回し、腕を前に持っていく。
・2本レールで、体の安定をはかる。
キック ・水を挟む 細かく、テンポ良く。蹴り下げだけでなく、蹴り上げも重視。
・腹圧を入れたまま(体幹部のバランスを保ち)キックを。
その他
・ 下半身の筋力強化、パワーアップが必要。・腹直筋(上・下)、腹斜筋の強化。
・ 肩甲骨を柔軟に動かす、背中の筋肉を鍛える。背筋一般、
・ インナーマッスルを鍛える。

スイムレッスンメニュー NO.1
( 9月19日菅原先生レッスンの 佐藤―自己修正11月3日 4回目 )

クロール               
① ウォーミングアップ             
(・かべキック 1分×3 練習前に)・ビート板キック 25×4 ・ブイ挟みビート板キック 25×4   
② プル                                            
・片手プル 右 25Х2  左  25×2 ・キャッチアップ 25×4(・半グライドストローク 25×4)    
③ クロールコンビネーション         
25×4 50×4 (75×2 50×4 25×4)                     
・脚の間を開かない。              
・足首をやわらかく、しなやかに         
・手のリカバリーの位置、-遠回りしない。    
・指の間を広げる。(水かき、カッパ?)        
 ・まっすぐにかく。                 
 ・お腹に力!ピッ!!。               
 ・オヘソまでは小指側に力を。           
 ・オヘソを過ぎたら親指側に力を。       
 ・プッシュは、腰と背中の筋肉を使って。    
* 二本レールのイメージで。

 平泳ぎ
① キック
・ 巻き足(ビート板もち立ち泳ぎ)25×2 ・片足交互巻き足25×2 ・片足巻き足(6~8回)×両足キック(4~6回)25×2 ・足首回転(ブイ挟みで)25×2  +・水中キック、ビート板(or顔付け)キック(回数)                          
② プル
・ブイ挟みプル 25×2 ・キック2回×プル2回 25×2  +・水中キック+プル(モーケン)
③ け伸び           
・1かき1けりーキック25×2 ・1かき1けりーキック2回―プル2回(顔付け) 25×2
④ 平泳ぎコンビネーション 25×4  
 クールダウン 100
・腰骨を中心に *(腰の位置を高くキープ)
・膝ウラにエンピツを挟む感じで膝を回す。
・肩を落とす、大きく捕まえた水を逃さない。
うでを横まで持っていく。*(肘を立てる)
 横から下へ腕(手)を落とす。
落としたら直ぐに前に手を伸ばす。
  *肩甲骨を回して前へ、一点をくぐるように 
・息つぎのときはいつまでも顔を上げていない。
  *+手をあごの下で合わせてから、前に伸ばす。
・手のひらは下。 
・ストリームラインにいつも早く!!
*二本レールに乗る、体を前の水に乗せる感じを
        

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。