触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東日本大震災発生から3ケ月が経過して 

<東日本大震災>  

東日本大震災発生から3ケ月が経過して     
 2011.6.18 AM

もう既に、3月11日のあの大震災発生から3ケ月をとっくに過ぎてしまいました。最初は約1ケ月間「東日本大震災発生日記」をつけました。その最後にその時点(4月11日)での私の問題意識をまとめました。そこでは、最初に

『国民の間に意識の差、ズレがこれから生じてくるのではないかと心配していました。しかし、先日、最大規模余震が起きたこと(それが引き続き続く可能性が高い)と、一向に見通しがつかない原発による放射能汚染の進行が、思っていた以上に深刻な問題である、と広く認識されてくるに従って意識の差―ズレは、少なくてすむかも知れない、と考えるようになりました。』

としました。しかし、その後の状況は、半分外れてしまったと言えます。それは、今回の大震災(天災と人災)の原因究明がなかなか進まないこと、それもあってそれへの反省が全く不十分な状態であることがあります。その日記では、

『まずしなければならないのは、反省からです。原発問題と巨大地震ととりわけ大津波問題、その初期対応あるいは、それまでの想定-防災計画のどこに失敗の本質があったのか、その後に問題が露になったこの国の危機管理体制も、徹底検証をする必要があります。次に今後、(同時進行になるかもしれませんが)予測として、明らかにしなければならないのは、①考えうる最悪の展開をした場合に放射能汚染はどこまで進むのか。②その封じ込めにはどれだけの歳月を要するか。③その間国民生活は放射能汚染とどう共生するのか。④農産・海産物の被害補償はどうなるのか。米が不足する事態が起こるのか、減反は?⑤故郷を失う地域住民の新しいコミュニティー作りはどうするのか。』

としました。①②③ともに、未だにはっきりと明らかになっていません。被害の大きさ、広がりも私自身が当初思っていた以上に深刻で、人類史上、類のない複合災害で、その収束の見通しは、今、全く立っていません。日記では、最後に「将来社会ビジョンの合意を」ということで、

『それから先、「どんな社会を築いていくか、確かな合意」を、国民の間に、意識に、創っていかなければなりません。
戦後の経済技術大国がたどった原発依存の「オール電化社会」は砂上の楼閣だったことは明白です。それからの反省から出発し、原子力をどう取り扱っていくのか、エネルギー問題をどうするか、が問われます。そして、私たちの現代の生活を、その質をどうするのか、を論議し、合意していかなければなりません。日本だけでない、世界の文明が問われているような性格の日本史、世界史の大きな転換点、に来ているのです。この大きな転換点で、私たちの明日からの生活も、それに合わせて行くことになると思います。』

と結びました。2ケ月前に私が言ったことが、今まさに大問題になっていると思います。しかし、それにもかかわらず合意づくりへの議論は、まだ始まっていません。

次に、その1ケ月後の5月12日、「…2ケ月が経過して、」では、

『阪神淡路地震以降でも日本では、数年に一度の割で、各地で大地震が起き、被害が出たと思います。地震・津波だけでなく、台風、集中豪雨など自然災害は、毎年のように日本各地では起きているはずです。日本においては、自然災害は日常的に、何時でも、何処でも、起きること。日本に暮らす以上はそれを前提として、自然災害と付き合っていくしかないということ。防災を日常の生活の一部として考え続け、それへの対策、対応をしておかなければならないこと。①個人として、②我が家(家族)として、③地域として、(会社や学校など)④自治体、地方、⑤国、それぞれのレベルでそれが求められると思います。』

とし、最悪の事態を考えた安全対策(予防安全と事後安全(減炎))へのを。そして、最後に、

『④と⑤については、震災後の東北地方(日本)の再生、エネルギー・原子力発電問題が、大きくのしかかってきます。教育や学校、図書館といったことも、④⑤との関連で、それらを考え、合意を形成していく中で位置づけていくものです。こうしたことを、丁寧に、この震災後という全く新しい状況の中で追究していけば、少しは自分のたち位置がはっきりしてくると思われます。そうすれば自分サイズで考え、行動することが出来てくると思っています。』
と結びました。

今、更にその後、1ケ月余が過ぎています。この間、私自身は、個人的には我が家の外塀の瓦礫の整理がようやくこの6月12日に完了。その間、右手に引き続き左手も少し負傷(痛めた程度)したため、あまり無理をせずに気長に一人で瓦礫整理の力仕事をしていました。合間に、療養しながら、新聞やネット情報の整理、読書、あるいは旅行などしていました。(その逆かも、知れません。)気持ち的にも震災後の「少し落ち着かない」「モヤモヤしている」「気持ちの整理がまだついていない」状態でした。したがって、このブログも少しお休みしていました。

この新聞の切り抜きは、もう2年前程から続けているのですが、ネット情報の整理はこの震災後、この4月からです。以前から「民主教育をすすめる宮城の会」の賀屋さんより新聞記事などのニュースがメールで送られて来ています。それに加えて自分自身で4月26日より3月17日頃からのネット情報(新聞、放送、その他論評など)をまとめています。その中で「<東日本大震災と学校>の考察 」というものをまとめています。それに加えて、もう一つ、最近「<原発・エネルギー・環境問題>」という項目でもまとめ出しています。

この3ケ月余の間、震災・原発・エネルギー問題などで、様々な情報が発信されています。膨大な量です。その中にはかなりいい加減なもの、操作・コントロールされたもの、偏ったもの、部分的すぎるもの…などいろいろ混ざっています。貴重で、重要な情報もたくさんあります。それらから適切で、より科学的なものを選別しなければなりません。そこでは自分自身の視点、立ち位置、思想性などが試されます。

 今日(6月18日)の午後には、隣市での「原発問題学習会」に出かけます。「福島」「女川」の問題がテーマです。私は、ここで得たものと、これまでに整理してきたことを付き合わせて、今後行動していきます。いよいよ1ケ月前に言った「自分サイズで考え、行動すること」のスタートを切る時です。
 


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。