触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

記事7月4日「栗原市における放射能汚染ホットスポット問題を考える」の訂正

<原発・環境・エネルギー問題>

記事7月4日「栗原市における放射能汚染ホットスポット問題を考える」の訂正をします。                                     2011.7.10

① シリーズ原発危機「第2回 広がる放射能汚染」(7月3日(日)NHK)を見て 
の<私が注目した点は、栗原にも到達していること> の最後のほう


「再び薄いプルームが福島第1原発から太平洋上に、それから二手に分かれていって、ひとつは首都圏へ。これが今、問題となっているもの。もう一つがそこから北上して宮城県女川で降りて、岩手県南部沿岸部から一関を経由して栗原市へ、金成、栗駒、と行って最後は花山までというルートが画面を見ていて確認できました。

としましたが、7月9日午後4時半より再放送で確認したところ、この3月21日は、二手に分かれての一関ルート形成は確認できませんでした。下線部分を削除します。

 <この記事をどうとらえるか?―自分たちでも検証してみる必要があります。> のところの最初のほう

NHKが一関・平泉と栗原の汚染は、3月21日としていたように思いますし、この記事は3月12日です。私は、多分3月12日の方だと思います。

NHKは一関ルートが3月21日にあるとは全く示していませんでした。下線部分を削除します。

 こうした私の取り違い(いつもですと録画しておいて確認して記事を書くのですが、別の番組の録画をしていたため、確認が昨日まで伸びてしまいました。

 ただ、それでもこのNHKスペシャルと週刊現代(7月4日)との整合性と、一関ルートを確認する手がかりはこの番組からもはっきりと読み取れました。この後、あまり時間を置かずに、その辺りについて記事にする予定です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。