触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原発・放射能問題学習会

<原発・環境・エネルギー問題>

栗 原 で“放 射 能”と ど う 向 き 合 う の か

  原発・放射能問題学習会のご案内

 栗原でもホットスポットが出現しています。

   放射能汚染の中での 教育は、子育ては、くらしは…

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県。4か月がたちましたが復旧は遅々として進みません。その上、レベル7の史上最悪の福島原発事故。県内では女川原発があります。

 栗原市でも放射線の測定が行われています。0.4マイクロシーベルト/毎時以上のホットスポットが小学校、幼稚園、保育所で確認されています。

 私たちの自主測定でも、それがはっきりと確認されました。

 こうした放射能汚染が広がっている中での、教育は、子育ては、くらしは、とりわけ未来を担う子どもたちの環境をどうしていくのか・・・・ということを一緒に考えていきましょう。

講師 : 中島 廉 さん
        (原発問題住民運動宮城県連絡センター事務局)             

* 福島原発事故はなぜ起きたのか? 女川原発は大丈夫か? その他放射能汚染についての疑問に答えます。

(当日は、中島さんに当時の放射能汚染状況を映像で説明します。) 

* 栗原のデータ(市の測定と自主測定)について

 ―さまざまな疑問に答え、一緒に考えます―

 是非、ご参加ください。 

と き : 7月31日(日13:30~16:30

ところ : 栗原市市民活動支援センター2F多目的室      
             築館総合支所(築館伊豆2-6-1?21-2060)

資料代 : 200円

【主 催】   

  ゆきとどいた教育をすすめる栗原市民の会
       (連絡先 鈴木 健三 TEL.FAX 47-2932)
   栗 原 母 親 連 絡 会 
       (連絡先 佐藤 澄子 TEL.FAX 22-7412)
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。