触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「栗原市放射能ホットスポットマップ」の画像を

<原発・環境・エネルギー問題>         2011.8.13

「栗原市放射能ホットスポットマップ」の画像を見ることが出来るようにしました。

 8月2日に記事「『栗原市ホットスポットマップ』を発表しました。」を発表しました。その中でデジカメ撮影した写真を載せました。メールなどでいろいろ反応があったのですが、やはり、「見にくい」という評価でした。そこで、このたび、より鮮明な画像を添付が出来ましたので、改めて記事としてアップします。



「栗原市放射能ホットスポットマップ」は、除染対策を進める土台です。   2011.8.13

  7月20日に文科省によってようやく発表された航空機モリタリング調査結果で、宮城県北地方のポットスポットの存在が明らかになりました。それの地上1mの汚染マップは栗原市の東から南にかけての半分が0.1マイクロシーベルト毎時以下の低濃度。北から西にかけての半分が0.1~0.2マイクロシーベルト毎時の中濃度と、0.2~0.5マイクロシーベルト毎時の高濃度になっていました。(この低濃度、中濃度、高濃度という名称は私が付けました。) しかし、そこに栗原市が計測した6月8日~7月31日までの地表から1mの高さの空間線量率のMAXを落としていくと、全体的に濃度が少し高くなってきました。

  実際には、低濃度地域は0.1~0.2マイクロシーベルト毎時中濃度地域は、0.2~0.3マイクロシーベルト毎時、高濃度地域は、0.3~0.5マイクロシーベルト毎時となりました。いわゆるホットスポットは、0.4マイクロシーベルト毎時をいうことが多いのですが、ここでは文科省のマップの色分けに従って、区分けしてみました。ですから、0.3~マイクロシーベルト毎時にしたように、少し広めに「ホットスポット」をとってみました。しかし、ここでも、50㎝、地表では、いくつも地点で、0.4マイクロシーベルト毎時以上になります。更に、私たちの自主測定による指摘から、7月15日の栗原市の計測でも測定する範囲を広げましたが、その結果は、草地、刈草で1マイクロシーベルト毎時、を多発(5カ所)。3.57マイクロシーベルト毎時のスーパーホットスポット地点(文字小学校の草集積所)も出現しています。(7月22.23日の私たちの自主測定でも、1マイクロシーベルト毎時以上が多発(8カ所)し、その内、5~6マイクロシーベルト毎時のスーパーホットスポット地点が2カ所。)

  文科省の指示は校庭での四隅と中央の5カ所の平均だとかいうもののようです。それでは、平均化して汚染実態を薄める作用が働き、ポーズだけのアリバイ作りでもあります。「誰のため、何のための測定なのか、」が問われます。1mの高さを基準に取っているのは、あくまで他の測定ケ所との比較をするためです。子どもにとっては50㎝が重要になります。それに校庭の草地だって重要なはずです。地表(5㎝)だって砂場、土、芝生でもその近くで子どもたちは遊びます。土壌の汚染についてもおおよそのことが分かります。比較のための校庭中央(下は土)1mの高さの測定を継続することは大切です。それとともに、子どもたち(住民も)にとっての危険な箇所を見つけ出さなければなりません。地表や50㎝、それも草地や草集積所だけでなく、建物軒下などの雨水の集積する場所などの測定も絶対に必要となってきます。そのようにして、より詳細な汚染状況がひと目でわかる汚染マップ作成を作り、速やかに除染対策を進めなければなりません。

  その汚染マップを作成するためには、この「栗原市放射能ホットスポットマップ」を認識しておくことが非常に重要なのです。それは、これによって、① 栗原市内にホットスポットがあることが分かる。② それが,何処なのか、どの程度の汚染なのかが分かる。③ ホットスポット以外のところも分かること。④ これによって、更に詳しい汚染地図の作成ができること。⑤ 除染の方向性も見えてくる。⑥ 稲わら汚染もさらに詳しい調査の必要性が見えてくること。⑦ このマップによって、土壌、農作物、米についても一律に、栗原の土、野菜、米、とするのではなく、そこのどこからのものかが、今後は問われてきます。

  詳しく何も調べず「安全です。」とか、「ただちに健康に影響するものではありません。」としてしまう「思考停止」に陥ってしまっては、被害は拡大する一方です。「栗原で“放射能”と向き合う」とは、このように現実とシビアに向き合い、必要な除染対策を速やかにとることです。

  稲わら問題や、これから出てくる腐葉土、山で採れるキノコや山菜、淡水魚、肥料、土壌、農作物(出荷するものだけでない、自家消費のものも)、お米などの対策を進めるには、この「栗原市放射能ホットスポットマップ」の認識(さらに詳しい汚染地図が必要ですが…)なくしては、何も始まりません。




 この「栗原市放射能ホットスポットマップ」は、下の画像をクリックすると、拡大表示されます。

栗原市放射能ホットスポットマップ

この「栗原市放射能ホットスポットマップ」は、
文部科学省及び宮城県による航空機モリタリングの結果(7月20日発表)(宮城県内の空間線量 地表から1mの高さの空間線量(μSv/hour))(測定実施日:6月22日~6月30日 宮城県の防災ヘリコプターで)に、
栗原市役所調べの放射線実測値(2011年6月8日~7月31日までの1m測定値のMAX)を合成してみました。(測定が行われた80地点の内、主な40地点の実測値(MAX)をマップに落としました)


栗原市内の主な放射線測定値(2011年6月8日~7月31日までの1m測定値のMAX)栗原市役所調べ
 測定値の単位は「マイクロシーベルト毎時」

№   施設名   地区   天気   測定月日  測定時間   1m測定値(校庭) 備考

1  金成萩野保育所   金成   晴れ  6月10日   18時18分 0.428    定点

2  萩野第二小学校   金成    晴れ   7月11日 14時20分 0.43   定点

3  金成小学校   金成         7月15日          0.21

4  金成中学校   金成    晴れ   7月29日    11時45分  0.12   定点

5  沢辺小学校   金成      7月15日        0.14

6  津久毛小学校   金成      7月15日          0.21

7  鳥矢崎小学校   栗駒    7月15日         0.42      7月29日より定点
 
8  岩ヶ崎小学校   栗駒    7月15日        0.31

9  栗駒岩ヶ崎保育所  栗駒   くもり  7月19日  13時30分  0.28    定点

10  栗駒中野保育所  栗駒     7月15日         0.30

11  消防署栗駒分署  栗駒        7月11日   16時00分  0.20 毎日3回

12  栗駒小学校 栗駒      7月15日         0.36

13  栗駒中学校 栗駒   晴れ       7月25日    13時45分   0.22   定点

14  尾松小学校 栗駒     7月15日         0.25

15  文字小学校 栗駒   くもり      7月22日    14時10分  0.32 定点

16  宝来小学校   栗駒    晴れ   7月11日   13時50分  0.20 定点

17  鶯沢小学校   鶯沢       7月15日        0.26

18  鶯沢中学校   鶯沢    晴れ   6月20日   13時30分  0.348   定点

19  花山小学校   花山        7月15日        0.33

20  花山中学校   花山    晴れ   7月25日  10時20分   0.29 定点(草地が高い)
 
21  消防署西出張所   一迫        6月8日    12時00分  0.23 毎日3回

22  金田小学校   一迫    晴れ   6月20日  11時10分   0.266   定点

23  長崎小学校   一迫      7月15日           0.35

24  一迫中学校 一迫    雨   6月24日  11時35分 0.24 定点(草地が高い)
 
25  姫松小学校    一迫    晴れ   6月10日   14時30分  0.175

26  栗原市消防本部   築館       7月14日   12時00分  0.20 毎日3回
 
27  築館北保育所    築館       7月15日     0.11 定点

28  築館中学校   築館      晴れ   7月29日   11時10分  0.13 定点

29  玉沢小学校    築館    晴れ    6月10日   11時15分 0.114

30  富野小学校    築館     晴れ   6月10日   13時20分 0.100

31  志波姫中学校    志波姫          7月15日      0.13 定点

32  有賀小学校    若柳      晴れ    7月8日    15時00分  0.16 定点

33  大目小学校    若柳     晴れ    6月20日   14時10分 0.096        定点

34  大岡小学校    若柳      7月15日           0.13

35  畑岡小学校    若柳        7月15日        0.07

36  消防署東分署    若柳          6月10日   16時00分 0.12       毎日3回  

37  若柳川北保育所    若柳     晴れ    6月10日  15時20分  0.081      定点

38  高清水小学校  高清水    晴れ   7月11日  11時10分 0.12         定点

39  消防署南出張所  瀬峰         6月23日  12時00分 0.15    

40 瀬峰中学校   瀬峰   晴れ       7月19日  10時55分 0.11        定点


・〔測定装置〕 サーベイメーター(携帯用放射線測定器) 
・5月20日(金曜日)から、市内5カ所の消防施設(ここはコンクリート上)で大気中の放射線量を測定し、その測定値を公開。 
・保育所、幼稚園、小・中学校の測定値(校庭の真ん中を、地表、50㎝、1m)については、6月9.10日74か所、7月15日75か所(この日は、+草地で地表、50㎝、1m、草の集積所でも測定)後は、週2回(月曜と金曜)19~20カ所で定点測定を行っている。







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。