触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4月の月例会のお知らせ

<原発・環境・エネルギー問題>       2013.4.8

4月の月例会のお知らせ

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」からのお知らせ

栗原市長・市議会議員選挙予定候補者に
放射能から子どもたちを守る「未来への責任」を問いました。

( 6項目の公開質問状を送付しました。)

 福島第一原発事故から二年が経過しました。4月14日告示、21日投票で、市長・市議選挙が行われます。 当会では、「子どもたちのいのちと未来のために」放射能対策と原発問題について、予定候補者の方々に、6項目の質問をしました。例会前には、その回答結果を公表していますが、ここでは、それを参加者のみなさんで検討・評価したいと思います。

「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場

4月 例 会 4月13日 (土) 午前10時~12時 大会議室(2階)

 栗原市市民活動支援センター(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060) 

メインテーマ
「子どもたちのいのちと未来のために」 放射能対策と原発問題


① 学 習 
DVD上映 
チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回ウクライナは訴える」
(NHK)

 原子炉から140キロ(福島第1原発と栗原市との距離と同じ)のコロステン市を訪ね、26年後の健康被害について、医療・政府関係者を徹底取材した報告です。(60分かかりますので、9時半より上映します。)

②  情報共有、意見交換 
 
6つの項目の公開質問状に対する、栗原市長・市会議員の各予定候補者からの回答を検討・評価します。

③  つながり交流 

引き続き、除染計画、健康調査、食品等の分析などの課題の交流をしています。

④  その他

* 土壌(簡易)と 空間線量 (高性能) の自主測定を受け付けています。

 宮城県北部では、放射能のホットエリアが、移動・拡大しています。当会では、今年もすでに簡易の土壌測定を始めています。空間線量も、この間は、日立アロカ製シンチレーションサーベイメータを活用できます。詳細は、事務局まで。

<5月例会の予告>
 メインテーマ

「今、子 ど も た ち の 健 康 調 査 で つ な が る 福 島 と 栗 原」


 福島で子どもたちの尿検査や放射線量測定をされている「福島老朽原発を考える会 」(フクロウの会)の青木一政さんをお招きします。栗原の尿検査も含めて、この健康調査等から見えてくるものなどを報告していただき、その後、意見交換・交流も行います。

 当会はどなたでも参加できますできれば会員になっていただき活動へのご協力を(年会費500円)

 この後も 毎 月 ( 第 2 土 曜 日 午 前 10 時 ~ 12 時 )次回は、5月11日です。
栗原市市民活動支援センターで、月 例 会 を持ちます。(出入り自由です。)

* 参加費:300円(資料代として)
* 会場には資料、汚染マップなどいろいろな展示を用意しています。     
* お子さん連れの方も歓迎します。(託児コーナーもあります)

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」
   連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707
 E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
  「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」のブログ 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。