触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月の月例会及び総会のご案内

<原発・環境・エネルギー問題>         2013.7.2

7月の月例会及び総会のご案内

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」  
     か ら の お 知 ら せ


 依然、危機的状況の福島原発事故現場。
          風化させず当事者意識をもとう。


 政府の原発事故「収束宣言」から1年半たった今も、福島原発事故の現場は、「収束」どころか事故の真っただ中です。再臨界させないため、原子炉を冷却し続けなければならず、放射能汚染水が日に400トン増え続けて、もういっぱいになっています。汚染水に含まれる放射能の総量は、水素爆発などで大気中に放出されて大変な被害をもたらしている放射能の10倍もの巨大な放射能が汚染水の中には含まれています。それがあふれ出す寸前の瀬戸際にまできています。さらに廃炉までは、「30〜40年後」。その作業が始まっていますが、溶融燃料の場所なども把握できていないのが現状であり、作業中の事故や地震等でも再臨界する危険性が常にあります。

 そうした中で、政府は、「成長戦略」のなかに、原発の再稼働と原発輸出を位置づけて、暴走をはじめています。原発事故の原因究明もできず、収束と廃炉も、除染も賠償までも不十分なままです。
 「復興庁幹部の暴言ツィート」は、単なる中傷ではありません。「子ども・被災者支援法」担当責任者である彼がツイッターに書き込んだせりふ「白黒つけずにあいまいなままにしておくこと」という、時間がたてば、国民はフクシマを忘れるという「 解決策」が政府の本音だということを示しました。被災・被害の現場・現実をきちっと見ない、把握しない。希望的な観測しかせず、都合の悪い情報は隠蔽する。最悪の事態は予測しない、考えない、誰も責任を取らない。東電のみならず、政府も官僚機構も同じです。
 自民・高市政調会長「原発事故による死亡者は出てない」発言も同根であり、更に原発の再稼働・原発輸出の推進を狙ったものです。

 私たちネットは、この1年間(準備を含めると2年間)。放射能から子どもたちを守るため、原発・放射能問題にかかわってきました。6次にわたる栗原市への要望書の提出。自主的な放射能検査・尿検査活動、毎月の月例会での「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の実施、栗原市長・市議選への公開質問状活動などです。その中で「子どもたち未来世代への責任」を強く感じてきています。しかし、私たちの訴える力量不足もあって、まだまだ市民の間にも、原発・放射能問題を人ごとのように捉えている空気があります。私たち、一人一人が主権者として、原発・放射能問題を風化させないために『当事者意識』をもっと持つことが必要なのです。


「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場

7月 例会と 総会  7月13日(土) 午前10時~12時 多目的室(2階)

 栗原市市民活動支援センター(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060) 

メインテーマ
「これまでの活動を振り返り、現状把握と今後の課題を明らかに」


「情報共有」「つながり」「交流」10:00~
2年間の活動映像を見ながら、参加者のみなさんでメインテーマのことを語り合います。特に今年の4~6月例会(裏面に概要)などを踏まえ、子どもたちの健康調査に関して本当に役に立つものにしていく方向を探ります。

栗原ネットワークの総会 11:30~ から行います。

<その他> 土壌(簡易)と 空間線量の自主測定を受け付けています。申し込みは、事務局まで。

9月例会(9月14日)は、午後1時からになります。ネット発足1周年として記念講演会を行います。
講師は、崎山 比早子 さん(元国会事故調委員、高木学校、元放射線医学総合研究所主任研究官、医学博士)です。

 この後も 毎 月 ( 第 2 土 曜 日 )次回は、9月14日午後1時からです。(いつもは午前10時~)
栗原市市民活動支援センターで、月 例 会 を持ちます。(出入り自由です。)

* 参加費:300円(資料代として)9月講演会は500円とします。
* 会場には資料、汚染マップなどいろいろな展示を用意しています。     
* お子さん連れの方も歓迎します。(託児コーナーもあります)

                     
「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」
   連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707
 E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
  「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」のブログ
     http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。