触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」4月例会のご案内

<原発・環境・エネルギー問題> 2014.4.9

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」
4月例会のご案内


「放射性廃棄物最終処分場建設」断固反対!

自然、農業、生活、そして未来を守ろう!

栗駒山は「栗原」の命の源

現在(4.8)の署名数12,000筆 を超えました。!!

≪白紙撤回させる オ ー ル 栗 原 署 名 集約に感謝します。
更に積み増すために引き続き署名にご協力をお願いします!≫


 放射性廃棄物最終処分場について、国は県内の候補地として、栗原市の深山嶽、大和町の下原、加美町の田代の3つの市町の国有地を候補地として選定提示してきました。その中では、栗原市(深山嶽)が第一候補地であることは、明らかです。3カ所中で、最大の広さであること。3カ所に絞り込む前の17カ所中(3カ所ともダメならそこへ)でもその7カ所が栗原市(深山嶽)に集中し、全体の60%もの広大な国有地を有していること。こんな国・県にとって使い勝手の良い「辺ぴな山間部の広大な国有地」はありません。どう見ても候補地選定の基準やルールは、ここを第一に狙った「後付」にすぎません。つまり、初めから栗原市は、国・県によって、周到に準備して狙われていたのです。この国・県の攻勢をはねかえすには、オール栗原の市民の力を示すしかありません。

* オール栗原署名を拡げる Q&A *

Q1 この署名は誰が、どのように書けば良いですか?
A1 市内だけでなく、全県・全国から集めています。国・県には「栗駒山は『栗原』の命の源」という私たちの思いへの配慮など微塵もありません。栗原と栗駒山を愛する(応援する)全ての人の力を結集しましょう。ですから、都道府県名からの記入をお願いします。そして、自分で書ければ年齢を問いません。

Q2 この署名簿は、いつまでに、どこへ持って行けばよいですか?
A2 この署名簿(5人記入)は、その部分を切り取り線から切り離してください。足りなければコピーして下さい。
一応、今度の土曜日、4月12日が一応、最終集約です。栗原市市民活動支援センターで10時から12時まで月例会をしています。そこへ持って来ていただくか、下記事務局に郵送か連絡をお願いします。(多少、4月12日がすぎても)

Q3 この署名は誰がどのようにしてどこへ届けるのですか?
A3 4月5日現在、結成を呼び掛けているオール栗原態勢は出来ていません。しかし、同じ趣旨で、栗原市長への要請署名になっている栗っこ農業協同組合の署名も数多く集まって来ています。この署名と一緒に、栗原市長と市議会議長に託して、国(環境省)に4月中に届けたいと考えています。ダブっても、両方ともにご協力をお願いします。(両方の合計で、栗原市の人口 73,355人の過半数約3万6千以上を目指しています。)


「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場

4月 例 会 4月12日 (土) 午前10時~12時 

・ 栗原市市民活動支援センター(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060)

* 指定廃棄物最終処分場問題について 
 
4月例会は、3月例会後の状況を含めた情報交換と、意見交換の”場”になります。
① 宮城県内の3カ所、栗原、加美、大和の各地域から、この間の取り組みの経過や状況を
② 4月6日の千葉県での住民連絡会設立の報告など全国・他県の状況の説明を
③ その他の参加者を含めての情報交換、意見交換

 当会発足は、2012年7月ですが、その少し前より「情報共有」「学習」「つながり」「交流」のこの月例会を行ってきています。この月例会は、基本的には、何かを決定する場ではありません。一人一人が、話したいと思うことを、自由に、活発に出し合い、耳を傾けます。その中から、その人ー個人と、関係する組織・団体・グループなどがあれば、そこでの方向性が出せればと考えています。

 注意喚起リーフレット「放射線はなぜ怖いか」の作成(中間報告、5月例会で最終報告へ) 
 昨年秋より、この課題で準備を重ねてきていましたが、今年に入り、上記の指定廃棄物問題に振り回されて大変遅れています。「放射線・エネルギー・環境 教育 」についても同様です。掲示物等で、情報を発信し、参加者によるチェックをお願いしたいと思っています。ご協力をお願いします。


        こ の 後 も 毎 月 ( 第 2 土 曜 日 午 前 10 時 ~ 12 時 )
栗原市市民活動支援センターで、月 例 会 を持ちます。(出入り自由です。)
* 参加費:300円(資料代として)
* お子さん連れの方も歓迎します。(託児コーナーもあります)

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」  

  連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707   E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
  「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」のブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。