触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

 「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」か ら 6月例会の お 知 ら せ 

<原発・環境・エネルギー問題>   2014.6.7

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」
6月例会のご案内


栗原市(深山嶽)への放射性廃棄物最終処分場建設「断固反対」「白紙撤回」の市民の意思 
1万7,713
筆を国(環境省)に提出しました。(5/20)

ko89362d5

io987263


 「指定廃棄物最終処分場候補地として、栗原市(深山嶽)選定提示の白紙撤回を求める要望署名」を石原伸晃環境大臣、安倍晋三内閣総理大臣へ5月20日環境省で提出してきました。栗原からは、10の市民団体でつくる「指定廃棄物最終処分場候補地の白紙撤回を求める栗原市民団体連絡会」の10名が参加、交流ができている千葉県から5名が応援にかけつけ、総勢15名で環境省に乗り込みました。

 署名数は17,713筆でした。環境大臣の代理として環境省の事務官(別掲)が対応しました。はじめに鈴木代表から署名に寄せられた多くの市民や応援して下さるまわりの方々の声や思いを話しました。事務官より大臣、首相に伝えるとのコメントを得ました。さらに他の参加者からの訴えも行いました。

p098271


 その後、環境省の25階にある記者クラブ室で記者会見を行いました。(出席した報道は6社)12時から30分間を予定していましたが、私たちからの説明と署名簿提出の思いを話してから、記者の質問で予定を大幅に超え1時間に及びました。午後からは、宮城県・東北ブロック選出の衆・参各党の国会議員へ要請行動をしました。

 5月26日には、国と宮城県、候補地に選定された栗原、大和、加美3市町による5者協議が始まりました。

 「栗原市民団体連絡会」では、県内の3つの市町の市民レベルで「放射性廃棄物は東電と国の責任で処理を」「宮城県には、指定廃棄物最終処分場はいらない」の姿勢で連携・協力をしていきます。そして、この問題を3つの市町に限るのではなく、宮城県全体、日本全体での、放射性廃棄物をどうしていくか、また、脱原発を見据えての議論へと発展させていきたいと考えています。

(別掲) 署名簿の提出に対応した環境省大臣官房 廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課 課長補佐 平沼良雄 他2名

「情報共有」「学習」「つながり」「交流」の広場

6月 例 会 6月14日 (土) 午前10時~12時 

・ 栗原市市民活動支援センター(栗原市築館伊豆2-6-1 ℡:0228-21-2060)

* 指定廃棄物最終処分場問題について 

 ○ 栗原市での、この間の取り組み経過と問題点。今後の方向について。
5月20日の国への署名提出報告。5月26日の国・県・3自治体首長会議の分析。
 
○ 県内他の2カ所(加美町、大和町)との連携・協力と全県・全国の運動にして行くために、

* DVD「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」 上映(43分) 11時過ぎからの上映になる見込みです。
    tyerunobiiri28

 昨年、26年目のチェルノブイリを取材したNHKETV特集を上映し栗原との関連性を考えさせられました。「美味しんぼ」の鼻血論争が続いていますが、健康障害への懸念は鼻血どころではありません。低線量長期被ばくや内部被ばくを考える上でも、今のチェルノブイリ周辺の子どもたちの状況を知ることは大切です。

 また、今、政府は、原発を早期に再稼働したいために、福島の住民を帰還させ、マスメディアを使って「健康被害は起きないキャンペーン」に躍起です。「チェルノブイリ•28年目の子どもたち」は、それに対抗する内容になっています。過剰な演出はいっさいない静かな内容で、政府が一番知られたくない現状が記録されています。

*「原発ゼロ社会への道」―市民がつくる脱原子力政策大綱―の紹介をします。

<予告> 9月13日(土)午後1時半~4時半 栗原文化会館2F大研修室
「原発ゼロ社会への道―新しい公論形成のための報告会」
(仮称)
 
 学者・専門家を招いての報告・意見交換会を予定しています。広範囲の市民の議論、話し合い、合意形成をめざします。
 

 当会発足は、2012年7月ですが、その少し前より「情報共有」「学習」「つながり」「交流」のこの月例会を行ってきています。この月例会は、基本的には、何かを決定する場ではありません。一人一人が、話したいと思うことを、自由に、活発に出し合い、耳を傾けます。その中から、その人ー個人と、関係する組織・団体・グループなどがあれば、そこでの方向性が出せればと考えています。

 脱原発への道、放射性廃棄物の処理、被害実態の把握・健康被害問題など継続的な議論や、取り組みが必要とされています。この月例会では、それを今後も行っていきます。話題の提供も歓迎します。出入りは自由、都合のつく時にちょっと参加してみてください。(8月と1月はお休みしましが毎月開催しています。)


 こ の 後 も 毎 月 ( 第 2 土 曜 日 午 前 10 時 ~ 12 時 )次は7月12日、8月はお休み、
栗原市市民活動支援センターで、月 例 会 を持ちます。(出入り自由です。)
* 参加費:300円(資料代として)
* お子さん連れの方も歓迎します。(託児コーナーもあります)

「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」  

  連絡先/本田敏夫 TEL・FAX 0228-23-7707   E‐mail gsbjj525@yahoo.co.jp
  「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」のブログ http://kuriharasimin.blog.fc2.com/




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。