触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

半年を振り返って

ブログ「触媒生活」の半年を振り返って

           (近況報告を兼ねて)
 2008.7.28

 はじめに

 昨年末の12月29日に、このブログ「触媒生活」はスタートしました。その初めに「ブログなるものにもまだ不慣れで、試行錯誤が暫く続くと思います。本名を出すことに抵抗も無く今後どうするか未定ですが、とりあえずスタートします。」としました。文字通りこの半年間(実際にはほぼ7ヶ月が経過)は、なかなか自分の思い通りには進んできませんでした。そこで、ブログ「触媒生活」の半年を近況報告を兼ねながら振り返ってみることにします。

 学校統廃合反対運動に巻き込まれ

 学校統廃合反対の運動に巻き込まれ、この運動の中でも一種の“触媒”的役割が果たせればと考えました。そのために自分の考えていることを文章にしてまとめ、会議に提示し、様々な問題点が出てくれば、それについて調べて、資料を作り、これも提示してきました。また、運動の経過や会議の内容についても自分なりにまとめてきました。関連する本の書評、紹介もしてきました。5月7日までに全部で25本の記事になります。運動を進めながらの記事の作成ですからかなりテンポよく書けたほうだと思います。内訳は、経過―3、問題点の整理等―12、会議の報告等―4、本(映画等)の紹介等―6です。この問題に全くといってよい位、詳しくなかった私としては、まあ、よく書けたほうだと思います。逆にこの問題では、詳しくなかったために、ブログというものを初めて使って表現できたのかもしれません。調べたり、引用することも多くなりました。自分自身の考えも初めから、しっかり定まったものでないため、記事を書きながら考えるという作業となりました。記事とほぼ同じものを印刷物として発行してきましたが、ブログで同時に公開してきたために、直接に会議等で会う方以外からの反応も得られました。5月7日の「さわやかニュース」の発行をもってほぼ私のこの運動における初期の役割を終えることができました。

 図書館づくり運動を再開して

 この運動と前後して、4月の初め、ようやくこの間、遅れに遅れていた図書館づくり運動を再開しました。同時に、4月22日に、数年前まで続けていたホームページ「本のある広場」から、新しいブログ「本のあるくりはら」へ移行しました。この後、以前に出した会報「本のある広場」の創刊号から第7号まで次々にアップし、24日には新しい会報「本のあるくりはら」第8号をアップしました。「触媒生活」には、この図書館づくり運動については、7本の記事しか出していませんが、「本のあるくりはら」は、4月~7月の初めの間(約3ヶ月)に18本の記事を出しています。内訳は、過去の会報―7.新しい会報―3、問題点の整理等―3、会議等の報告―3、本・その他―3です。「触媒生活」と「本のあるくりはら」でダブリであるもの、殆んど同じものもあります。使い分けについては、「本のあるくりはら」は、あくまで「図書館をもっと大きく育てる会(栗原市)」という会のブログであり、「触媒生活」は個人のブログです。前者は、会報等を中心にその他、資料、調査、経過・会議報告等をと、後者は、図書館づくり運動でもそこまで至らない個人的な思い等をと考えていました。しかし、実際には、きれいにうまく分けられず、ダブリもでてきました。会報を8、9、10号と発行しても途中から資料もつけることになり8号5ページ、9号3ページ、10号6ページ(いずれもA4版)にもなっています。各号発行部数は、5~600部です。4月から7月の初めまでは、かなりいいテンポで、ブログも会報も出してきました。しかし、6月14日に岩手・宮城内陸地震が起きたことによって、すっかり様変わりしてきました。図書館も、学校図書館も今年度中にも大きな前進が勝ち取れるかもしれないと思っていたのですが、そう簡単にできそうでなくなってしまいました。まあ、じっくりと腰を据えてやっていくしかないと思いました。
 この運動への取り組み(図書館づくり、文庫活動、ボランティア、子どもの本の研究等全てを含む)は、学校統廃合の問題と違って、千葉市にいた頃(二人の子どもたちが幼かった頃)より関わってきましたので、もうかれこれ30年近くにもなります。自宅にも膨大な資料や本があります。自分自身の引き出しもかなり多くなってきているのですが、これらが(資料・本・引き出し?)がきちんと整理できていません。ホームページからブログへの移行は、この辺りが上手くできないかという狙いもあります。しかし、今のところ、まだ充分な成果は表れていません。

 その他の課題では…

 これら二つ以外では、カテゴリー別としては、BOOKS-8、MOVIES-4、NPO-2、健康―1、家族―1、地域―1、全体―2 とあるわけです。しかし、BOOKSとMOVIESの半分は教育関係ですから、「触媒生活」でこの二つ以外のことに触れていることが極めて少ないのが現状です。では、この二つ以外に関する本とか、映画等をあまり見ていないかというとそういう訳でもありません。健康にいたっては、1月2日に計測編をアップしただけ。後が続いていません。これでは、三日坊主にもなっていません。趣味の水泳に関しても本を一冊紹介しただけです。食生活も書こうとは思っているのですが、実行していません。家族、地域は特に家族は書きたいことも沢山あるのですが、(家族と言えども)プライバシーの問題もあり、なかなかスッキリと出せません。NPOに関しては、まだそこそこしかやっていないのでまあ、この位のところです。あと、趣味では、木工とか、妻のやっている庭づくりの手伝い(花・木などを育てる方ではなく、造園のような力仕事)―というか、手伝わされていることがいつの間にか趣味のようになってしまっていることーがあります。
 娘のブログのように写真等を載せれば記事にし甲斐があってするのかもしれません。もうじき娘が孫二人連れて(二人目次男が6月8日に誕生)帰省して来るので、少し相談してみるけれど…そういえば、またジジ親家業が忙しくなる季節がやってきます。8月下旬には東京で息子の招待で彼女の御家族との御食事会(これって、結婚とどう関係があるのかな?)もあるし、先日は、妻のそれに着ていく服選びに付き合わされました。(私の方は、?)このように家族についても書くことには、事欠かないのですが、まだ、二歩目が踏み出せないでいます。
 
 そもそもこの「触媒生活」で何を-の原点に立ち返って

 このブログのスタート時に「私の日常生活の延長で関わっている様々なところで「触媒」のような役割が果たせれば、そんな「生活」ができればという私のモットー、願望がこのブログのタイトルになっています。」としました。タイトルの「触媒生活」は、BOOKSで紹介している「ヒトデはクモよりなぜ強い」(オリ・ブラフマン、ロッド・A・ベッグストローム著、日経BP社)から持ってきているものです。ヒトデ型(分権型の組織)にはクモ型(中央集権型の組織)のCEOのように強くボス的なリーダーはおらず、触媒の役割を担う者がいる。「どうしたらいいか提案はするが、提案した後は、みんなの好きにさせた。」「…触媒は仕切りはしない。…人々が行動を起こすよう触発する存在として重要なのだ。」「…ネットワークをつくったり、…身を引くときを心得てもいる。」という内容に惹かれて命名したものです。
 私は、学生時代を含む千葉時代、そして、ここ、栗原に住むようになってからと、その時々に様々な運動や、組織にも関わってきました。長年のこうした経験の中から、自分自身に向いているのがこの「触媒生活」を目指すことではないかと思うようになりました。少し前に職業としての仕事が一段落して、昨年末からのようやく本格的に「触媒生活」に入り(入ったつもりで)、この4月からは、年金生活者に仲間入りしました。(額は、まだ少ないのですが、厚生年金老齢厚生+JA(農協)個人年金+JP(日本郵便)個人年金である程度の額になります。)
 私自身のこれからの新たな段階、セカンドライフステージが始まっています。それを、このブログ「触媒生活」を使うことによってより有意義なものにできないかという試みをしているのだと思います。それをブログを使うことによって自分の向こう側に鏡のように置いてみる。それによって、自分自身が少し客観視する、それも公開しているわけで人に見られていることを絶えず前提にしている。勿論、色々な反応も得られる。だから、出せるところを出している、出したいことを記事にしている。しかし、都合の悪いことはあまり出さない。出しても、後から何とかなるという自信のあることは出している。いろいろとまだ慣れていないため、緊急を要することが先に記事になる。そのうち、記事として書く時機を逸してしまうことがあまりにも現状では、多いのです。一年たった時点での反省ではなく、半年ぐらいのこの時点での近況報告―反省は、このあたりで少しでも修正しようと思ってのことです。
 どう、修正するのか?記事に書くことのハードルをもう少し低くすること。行動記録を日記のようにつけてみる。とりあえず、記事にすべきだったことも少し遡って、簡単に記してみる。いろいろ試みてみようと思います。いろいろと今後も試行錯誤の連続だと思いますが、どうぞ、暫くお付き合いをよろしく願います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。