触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

健康管理―運動編 実践その2

健康管理―運動編 実践その2    

栗駒プールで再開された水泳教室に参加して        
 
2008.10.4

6月14日の岩手・宮城内陸地震で被災した栗駒のプールの修繕が9月中旬に完了して、9月24日より使用できるようになりました。一足先に一体となっている体育館の2Fにあるトレーニング室は、8月より使えるようになり、お盆過ぎより貯筋体操教室(ストレッチ)などには参加していました。このトレーニング室からプールが見え、その再開準備の進み具合がわかりました。10月初めより水泳教室も再開されることになり、その日程も「栗駒スポーツセンター情報」のチラシで知りました。9月24日、25日と二日続けて午後、少し泳いで見ました。ところが、25mプールで泳ぐのは久しぶりで、クロールで200m泳いでアップ、アップ。心拍数126ほどになったので止めました。他の泳法も一応、何とかこなすことはできました。

10月1日(水)、午後。最初のクラスは、「初級水泳クロール」。これは、25mまではクロールで泳げない人が対象ということ。中級以上のレベルの人は遠慮して下さいということでした。次のクラスが、「平泳ぎ上達編」となっていました。上達編ですから「上達したいと思っている中級以上」と解釈してここに参加することにしました。ところで私は、水泳の4泳法の中で、この平泳ぎが一番苦手です。25m泳ぐのがやっと。50mするとギブアップ。もっともバタフライも距離に関しては同じようなものですが、よりリラックスして泳げています。それに、バタフライは、他のほとんどの人が私以上にできていません。背泳ぎはそれほど上手くはありませんが、それなりに50mはこなせます。

当日、午後。参加する教室開催より少し早めにいってみると、初級クロールの参加者は、2人だけでした。その横で少しは、事前の練習をして臨むことにしました。同じような気持ちで他の方もポツポツと、来ていましたが、2時20分から(3時5分まで)の教室には、まだ5人の参加しかありませんでした。(私の他はすべて女性)地震被災前には、このクラス(同じ佐藤コーチで、同時間帯)の教室には、何回か参加した人で、20人ほど。その中で、入れ替わりはありますが、だいたい常時10人ほどは参加していました。ですから、まだ半分位しか戻ってきていない感じでした。地震被災によりプールが使えなくなって暫くしてからプール使用の半年券の残りを払い戻すか、再開してから延長するかの問い合わせの連絡が栗駒スポーツセンターから来ました。私は、延長を選択したため、プール再開の電話連絡が来ました。おそらく、払い戻しを選択された方には連絡は行っていないと思われます。それに水泳教室には当日券で来ていた方もいました。こちらには当然、連絡は行っていません。一番詳しい情報、「栗駒スポーツセンター情報」のチラシは、毎度のことですが栗原市の一部、栗駒地区しか配られていません。10月1日付けの広報「くりはら」には、お知らせということで、「栗駒総合体育館・アリーナ・プール再開」の記事がほんの数行あっただけです。水泳教室や貯筋体操教室のことには、一言も触れられていません。これでは、なかなか以前のようにまで戻るのに時間がかかると思われます。私は、昨年度の初め、直接、栗原市の広報に「もっと、栗駒のプールのスケジュールを載せるよう」注文しました。ようやく、今年度になって、いくらかは出始めたのですが、まだまだ不十分です。私は、昨年末、佐藤教育長に会いに行って懇談した際に、「位置づけとして、栗駒(地区)プールを栗原市プールに格上げしない限り問題は解決しない」と進言しました。その後の学校図書館図書費流用問題での彼の無能ぶりに見られるように、この問題でも私の言っていることは、まったく理解していないと思います。

さて、苦手の平泳ぎですが、ストロークはそれなりにできていると思いますが、キックの力が弱いことと、脚が下がるのが原因だと思います。ビート板キックで25mをキックだけで、30回もかかりました。女性陣は皆さん、15回以下。最初は、トップバッターで泳いでいましたが、2回目からはラストにまわりました。コンビネーションでは、皆さん(ストローク1回、キック1回で)10回前後まで減っていきました。私は、最初が16回と半分近くでした。更にコーチの指導をもとにキックを修正していくと、何とか最後には12回までには減らすことができました。この後の自主練習ではまた少し増えていますが、何とか10回近くまでに減らして行きたいと思っています。

10月4日(土)の午後は、1時半から2時15分まで「気軽に背泳ぎ」の教室がありました。この時間帯も地震被災前はトータルで20人ほど、常時には10人ほどの参加がありましたが、この日は水曜日(10月1日)と同じ5人でした。2人だけ入れ替えがあり、この日も男性は私一人だけでした。(トータル20人の中には5人の男性がいたのですが、今のところ。参加はありません。)この時間の後(2時20分~3時20分)までの「流水健康運動教室」もやはり、以前の半分以下の参加しかまだありません。背泳ぎの方は、この間まったく練習はできませんでした。それでも何とか、この日はトップバッターを最後まで努めることができました。それに加えて、以前は背泳ぎの教室の後には、必ずといっていいほど少し重い鼻づまりになるのですが、今回は大丈夫でした。背泳ぎ再開初回としては、まずまずでした。ここでもコーチに指摘されたことで、ストロークの両手のタイミングは早めに修正できました。平泳ぎと同じく脚(腰)が下がる方もキックを常時少し強く打つことで、何とかクリアできました。

ところでクロールの方ですが、この日の教室終了後、およそ23分かけて800mを泳ぎきりました。10月5日にも800m泳ぎましたがこの時は25m毎に充分に呼吸を整えながらのもので最終的には、心拍数126ほどになりました。この日は、25m毎のターンは少し早めにし、最終的に心拍数は120ほどでしたからまずまずです。来週からいよいよ本格的に、40分、1400~1500mに挑みます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。