触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BOOKS「情報は1冊の本にまとめなさい」

<BOOKS> ⑨
「情報は1冊のノートにまとめなさい」
を読み応用を始めています。
    2008.10.12

著者/奥野宣之 出版/ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2008/3/20
関連するリンク先― アマゾン 情報は1冊の本にまとめなさい

内容紹介

 情報を実際に活用するには、情報を一カ所にまとめ、分けずに時系列に書き込んでいけばいいと、1冊の100円A6ノートを活用するように勧めています。そうすることで、すべての情報は必ずノートの中に「ある」ことになり、そして、パソコンを使った検索術を活用することで、情報は一発検索することができるようになるとしています。

記事再開のトップにこの本を選んで

 確かこの本は、出版されてから間もなく買っていると思います。それが最近までツンドクに。買ってから直ぐに読むものもあれば、そのまま何時までたっても読まないものも…この本のように、半年後ならまだ早い方かもしれません。この本は、典型的なHow-to本です。これまでこの種の本は、ほとんど取り上げてきていませんでした。しかし、これからは取り上げていきます。実際にその本の活用、応用をしている、し出しているものは、本の紹介とともに、その活動、運動の理解を助けるものになります。また、きちんと、他の人にも理解できるようにブログで紹介することは、自分自身にとっても整理、情報の管理になります。

私の活用法―Myノート

 この本は、10月6日に読み始め、その日のうちに読み終わっています。そして、その日に材料を買いに100円ショップに行きました。A6のノートを探したのですが良いものがありません。それにA6は、確かに上着の内ポケットに入りますが、私はそれほど上着(スーツの類)は着ません。どう見ても私には、A5が使いやすいようです。A5ならノートも沢山あり、とても良いカバーも見つかりました。(これは、315円)A5ノートは、3冊買いました。そして、早速使い出しました。

 081006(月) TV レンブラント特集  読書 「考える力」斎藤 孝(これは後日記事にします) 農業 新米収穫 読書 「情報は1冊のノートにまとめなさい」(この本) (ウォークのこと) 308kcal 新聞 21世紀に生かす日本文化(切り抜き)…と続きます。新聞の切り抜きは、これまでどうにも整理が上手くできていなくてやりっ放しでした。それがこの本を参考して、上手く折りたたんでA5ノートに貼り付けることができました。(この本は、A6ですから、このA5の方がやりやすい)溜まっていた最近1ヶ月分20位を二日間で整理して貼り付けました。その後は、次の日に切り抜いて貼り付けるという作業になりました。そらから、買い物メモ、カード等の利用定款、ガイド、 映画 というカテゴリーで、ブログのMOVIESのここ1か月分を横にして縮小コピーで全部貼り付けました(8ページに)。 081008(水) には、健康水泳の項目。ちょっと問題のある同居の義理の母に関する 母 の項目。081011(土) には、HB(図書館ボランティアのひなたぼっこ)の項目。これは、月一回の打ち合わせ会議中に書きました。ノートは、キリの良い前日分 081005(日) から付けています。ほぼ、一週間分で65ページになり、100ページで一冊ですからもう直ぐなくなります。

 このノートの活用、利用は、これからも発展していきそうです。写真、半券、レシート、リスト、メモ…色々なものを貼っていきます。ただ、私の場合、全ての情報をこのノート一本にまとめるのは最初からしていません。先ず、スケジュール管理は、年度途中ということもありますが相変わらず手帳に。これまでかなりの情報を手帳に詰め込んで見にくくなっていました。これからは、スケジュール中心にすることでかなりスッキリしそうです。それに、本のリストもこれまで通りちいさなノートに(これがA6)、料理レシピもA6ノートです。

 「人間は忘れる生き物、記憶はできない、気持ちよく忘れる」ために、このMyノートの活用は私には合っています。書くことのハードルが低くなりましたし(敷居の問題もほぼ解決)、何よりも、「書かねば」というストレスは溜まりません。既にブログを活用した自分なりの情報の管理をこの間、してきていますが色々問題も出てきています。これからは、Myノートとブログの使い分けを上手くすることで解決できそうです。この本では、PCで「索引」ファイルを作ることを勧めています。しかし、今、私はこれを後回しにしています。確かに、有った方が良いに決まっていますが、本の関連カ所に付箋を付けたままにしています。どうも難しそうですし、ある程度溜まってからの方が良さそうです。(無くても良いかもしれません。)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

『読書は1冊のノートにまとめなさい』が出版されました!

触媒生活様、はじめまして。

オンラインブックガイド新刊JP編集部と申します。
突然のコメント、失礼致します。

以前ブログにて『情報は1冊のノートにまとめなさい』を
ご紹介くださった方にコメントさせていただいております。

ただいま新刊JPでは、『情報は1冊のノートにまとめなさい』の続編、
『読書は1冊のノートにまとめなさい』の出版を記念して特集ページを
開設いたしました。

http://www.sinkan.jp/special/dokusho/index.html

こちらより、『読書は1冊のノートにまとめなさい』の著者である
奥野宣之のインタビュー記事、また、同書籍を音声で紹介した
「新刊ラジオ」を視聴することができますので、もしよろしければ
ご覧ください。

また、『読書は1冊のノートにまとめなさい』公式ブログが
http://nanabooks.air-nifty.com/reading/
にてオープンしておりますので、そちらも是非ご覧下さいませ。
どうぞよろしくお願い致します。

新刊JP編集部 | URL | 2008年12月08日(Mon)20:09 [EDIT]


新刊JP編集部です。

触媒生活様、はじめまして!
オンラインブックガイド新刊JP編集部と申します。
突然のコメント、失礼致します。

以前のブログエントリーにて『情報は1冊のノートにまとめなさい』を
テーマに、記事を書かれた方にコメントさせていただいております。

ただいま新刊JPでは、『情報は1冊のノートにまとめなさい』の著者、
奥野 宣之さんの9ヶ月ぶりの新刊『だから、新書を読みなさい』の
出版を記念して特集ページをオープンいたしました。

http://www.sinkan.jp/special/newbook_read/index.html

こちらより、奥野宣之さんのインタビューやオススメ新書、
また、同書籍を音声で紹介した「新刊ラジオ」を視聴する
ことができますので、もしよろしければご覧ください!

また、「著者特製PDFファイル」を無料ダウンロードできる
キャンペーンも実施中ですので、そちらも是非ご覧下さいませ。
http://www.sunmark.co.jp/topics/okuno/

どうぞよろしくお願い致します!

新刊JP編集部 | URL | 2009年09月16日(Wed)12:37 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。