触媒生活

セカンドライフに入っての日常生活を文章、日記などで表現します。「触媒」のような役割を果したいというのが私のモットーです。コメント等をブログでも受けますが、連絡はメールでfa43725@yb3.so-net.ne.jp まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「世界同時食糧危機」①を見て

<TV>
TV―世界同時食糧危機①を見て                       
                                          2008.10.17

NHKスペシャル 世界同時食糧危機① 
                 2008.10.17 PM7.30~8.45


アメリカ頼みの“食”が破綻する。

 今年、世界各地で同時多発的に食糧危機が起きている。危機は貧困層だけでなく中間層まで広がっている。日本でも食品の値上げが相次ぎ、えさ代の高騰で畜産業などには深刻な影響が出ている。なぜこんなことになったのか。その実態と原因を見ていくと、戦後世界に広がった「アメリカ中心の食糧供給システム」が破綻の危機にあることに行き当たる。

 戦後アメリカ中西部の穀倉地帯の農家たちは余剰穀物の輸出を強力に推し進めてきた。そうしたアメリカの国益の先兵として、穀物メジャーは政府に貿易障壁の撤廃を働きかける一方、日本をはじめ世界各地の国々に対し、安価なアメリカ産穀物を大量に消費する食生活や農業の普及を働きかけた。

 一方各国では食の「アメリカ依存」を進めた結果、食糧自給率が低下。そのつけが今、一気に押し寄せているのだ。

 食糧自給率を40パーセントにまで下げた日本、肉食の進行などで穀物輸入国に転落しつつある中国、世界でも食糧危機が最も深刻な中米エルサルバドルなど、食糧危機に直面している各国の現状、そして穀物メジャーやアメリカの農家の側の思惑などを多角的に取材。危機の本質を明らかにしていく。(NHKのホームページ解説)

私の感想―アメリカは、諸悪の根源か?

 アメリカという国が、現在の世界同時金融危機に止まらず、全ての諸問題の元凶になっているのではと思ってしまいました。小麦、トウモロコシ等の余剰穀物対策を、攻撃的な農業保護政策(番組に出演していた学者の弁)を取って、他の穀物輸出国を駆逐して打開してきた。日本の減反政策は、その正反対の内向きなもの(これもアメリカの圧力アリ)。EU各国も、かなり露骨な保護政策を取っているのに、日本一人、お人よしで、内向き(自国の農業生産者を犠牲に)のまま、挙句の果てには、義務のないミニマムアクセス米を入れ続け、汚染米問題まで引き起こしています。これも諸悪の根源みたいなアメリカのように攻撃的保護政策で、全世界に迷惑をかけるよりマシではありますが…

 しかし、このアメリカの世界戦略の成功例を最初に示したのが1954年の伊勢湾台風直後の日本だったとのことでした。数十頭の飼育用ブタと1500トンのトウモロコシの空輸実績を突破口にして、日本に飼料用穀物を売りつけいった、その後、小麦、パン食(学校給食)と日本人の舌を支配し始めていきました。(もっとも、私自身、12歳の時、名古屋で伊勢湾台風に遭遇しました。それに、それ以後、アメリカナイズされていく生活の中で育ってきています。)この日本での成功に、味を占めてアメリカは全世界展開をしていくわけです。画面に出てくるアメリカの農業生産者は、農民ではなく、農業経営者。それも儲かればよいだけの…圧力団体(日本にもありましたが…)ロビー活動(放送では出ていませんが、献金も動いていると思います。)その生産の方法も、ほとんどが(化石)地下水をポンプで強引に汲み上げて用いるものです。石油と一緒で、いずれ枯渇します。(既に、地盤沈下がひどい)この他、アメリカ人の生活パターン自体がエネルギーの浪費、サブプライムローン問題、医療問題、等々を見ても、もう立ち行かなくなってきています。(イラク・アフガン中東問題もありました。)

 アメリカの穀物世界戦略は、その国に、初め、穀物等を安価に輸入させ支配したら、値を上げていくというものです。今回の穀物高騰で、買えなくなって画面に出てきた中米エルサルバドルでは、公務員など中間層まで、食糧難に陥っています。また、世界各地で食糧パニック、暴動等が起き始めていることを伝えていました。また、今、アメリカは、次のターゲットを中国に定めているとのこと。中国は経済急成長の中で、トウモロコシの輸出国から輸入国に(小麦も?)。生活向上の中、牛肉、牛乳の消費拡大への戦略を着々と展開していっています。中国人の舌の支配を目論んでいます。(日本でしたように)その中で、例の牛乳メラニン添加問題も起きてきたと考えられます。中国がこのまま、穀物および石油等エネルギーを世界からかき集めていくと大変なことになりそうです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。